最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達】昔の母の写真と今の写真【セフレ】

自分の家の離れの物置に数枚の写真がありました。母のです。それも、20代の裸の写真です。大胆にも、陰毛が無く、両手を後ろで縛られていて、正座している写真でした。四つん這いになって、お尻が真っ赤になっている物。ムチで、打たれたのか。?それに、排泄姿までありました。
 母に、写真を見せたら。返事は。「昔、28歳の時、お父さんではないけど、調教してもらったの。ムチ、ロ−ソク、陰毛も剃ったわよ。アナルSEXもしたし。潮も吹いたわ。浣腸もしたから。」
母は、昔、SMを経験したのです。
自分「昔、綺麗だったんだね。」
母「今も、綺麗よ。写真撮ってくれる。」
母は、今、58歳。
自分「母さん、裸になってよ。」
母は、言われるまま、全裸になってくれた。まだまだ、40代くらいに見えた。乳房もピンとたち、お尻も引き締まっている。
自分「座って、両手後ろにして。」
母「あら、母さんを、調教するき。」「いいわよ。」
母の姿を、数枚撮りました。そして、四つん這いにして、後ろから撮りました。
母「トイレに、行かせて。」
母の、オシッコまで、撮りました。
ここまで、来たら、自分の願望か、排便姿も。
自分「母さん、ウンコ出ない。」

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||

2015年7月20日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】明姫 心の牢獄【セフレ】

うら若き姫君は表の顔と裏の顔を持つ。

夜ごと自ら衣を脱ぎ捨て
  城の地下深い牢獄に囚われ
    心の闇に巣喰う仕置き人の拷問に身をやつす

   明さんの情報
   年齢:18才
   身長:148cm B:80 W:50 H:79
捨てられる犬
以前、ひょんなことから知り合いの犬の散歩をしました。
なかなか外へ出たがらない犬と聞いていましたがまさしくその通り。
まず家の敷地から出るのが大変でした。地面に足を突っ張って、「動かないぞ」と無言の抵抗。
その後、近くの河川敷を歩いている時もほとんど引きずるような形で散歩しました。
自分で歩いてくれないんです。リードをえいえいと引っ張ってようやく付いてきてくれる、みたいな。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年7月19日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】わたしのこといっぱい犯してください・・・・その4【セフレ】

俺はベッドの横に椅子を置き座り友香に言った
「こっち向いてやれよ」
友香は入り口をバイブで少しいじりそして中にゆっくりと差し込んでいく
「あふっ…」
吐息のような声を漏らしながら出し入れを始めた
「スイッチをいれろ!」
と俺が言うと素直にいれ続きを始めた
「友香のま○こぐちょぐちょだぞ!この淫乱女がっ!」
等と友香に言葉をかけるたびに友香は
「いやっ…言わないで…」
「見ないで…恥ずかしい…」
みたいなことを言っていた
見られながらオナニーをするのは初めてか聞くと初めてと答えていた
最初は少し恥ずかしかったのか手つきがたどたどしかったが言葉責めをしている
内に興奮してきたのか段々と出し入れが早くなってきた

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2015年7月4日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】自慰休暇【セフレ】

自慰休暇
 明日から三連休という週末、男のいないヒマな女三人でビアガーデンに行って飲み倒した。終電ぎりぎりに飛び込んだ電車は蒸し暑いわおっさんのべたべた肌はくっつくわ
サラのヒールは踏まれるわお尻触られるわでモラル無しのサルを満載した貨物列車状態。せっかくビールで洗い流した背骨や首筋の隙間にべったりとこびり付いた心の垢みたいなものがまたじわじわと溜まってゆく。本格的に落とさなきゃ私はどうかしてしまうに違いない。
  座れた頃にはガラガラの車内。ボックス席に足を伸ばしてぼうっとしていたらなにやらむずむずと淫靡な気持ちがわき上がってきた。よし、今日はゆっくり寝て、あしたの朝から調達しよ。
最高のオナニーのために。
 九時過ぎに起きて冷蔵庫の麦茶をがぶがぶ飲んでトイレに駆け込む。酒を飲んだ朝は必ずひどい下痢になる。盛大に出してお腹がぺったんこになると軽いシリアルをたべてノーブラにTシャツ、薄いブラウスを引っ掛け、
ノーパンのままびっちりのジーンズを穿いてお買い物。
  まずはクルマでDo it yourselfの店。端から全部眺めて自分の体に使えるモノを考える。人が見たら発情したメスネコみたいに見えたかも。
  木材コーナーにあるテーブルの足を見て手に取ってみる。でもあそこに入れるのは無理。自然木やガーデンチェアが置いてあるところの木材を組み合わせれば自分を乗せて縛り付けられるほど大きな三角木馬もできるのに……。でも大物すぎ。無理無理。でも長さ80センチ、太さ10センチの白木の杭はなにかに使えそう。1本買ってみる。
  住宅設備のところでときめくもの発見。階段の補助手すり長さ50センチ。太さと形が最高。高いけどカートに入れる。
  工具コーナーは一番の楽しみ。舐めるようにコーナーを練り歩く。ごつい電気工事用のゴム手袋買う。ちょっと迷って1.5センチの釘をひと箱買う。半田ごては板金用でヒーターがでかく、先が交換できるタイプを買う。
  ペットコーナーでは首輪の新調。小型犬コーナーのフリフリ付きも一度してみたいけど残念。自分の首は細いと思っていても、人間の首には大型犬用じゃないと入らない。首輪を眺めていると乳首がぴんぴんに立ってしまう。
やば、はやく買って帰らないとあそこにシミができちゃう。赤い首輪と、今回は鎖も買う。重い鎖は自分のため……と思うとあそこからどくりとあふれてきた。
  ガーデニングコーナーでコンセントタイマーを買う。けっこうしっかりしていて屋外用だけのことはある。他にも家で使う物をいくつか買い足して次はスーパーに寄ってお昼ご飯の買い出し。
 大きな荷物はクルマに残して食べ物だけ持って部屋へ戻った。玄関で靴と一緒に服も全部脱ぐ。もう一度シャワーを浴びてあそこの毛を全部剃る。シェーバーでつるつるにしたら、さてお昼ご飯。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2015年6月21日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】馴致/飼育【セフレ】

おぼろな意識が、惑乱した理性が、私を支配していた。
仄暗い自室の壁に、鏡写しとなったいやらしい裸体が映し出されていた。
週末の夜。静かなマンションの室内に、妖しく声が響く。
『これでもう、早紀ちゃんは絶対に、縄抜けなんかできないわ。注文どおり‥‥』
『ん、ッッ』
甘く、低く、ご主人様の声がねっとり耳朶をあやす。
それだけで一糸まとわぬ私のカラダは波打ち、快楽の記憶に震え上がっていく。
SMバー『hednism』での一夜。
女性バーテンを利用して実際のリアルな緊縛を味わおうとした私は逆に罠にはまり、
猥褻な調教風景をビデオに撮られてしまっていた。自縛マニアだと見抜かれ、一晩か
けてじっくりステージの内外で嬲られ、一部始終すべてを記録されてしまったのだ。
(あなた‥‥本当はご主人様なんていないわよね?)
むろん私は否定しているし、女性バーテンにしてもあくまで推測しているにすぎない。
けれど、しかし‥‥
録画されたこの映像だけは、逆らいようのない絶対的な弱みだった。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年6月20日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】メス犬佐々木美歩【セフレ】

佐々木 美歩の履歴書
誕生日   1986.12.24
血液型   A型
家族    お父さん・お母さん・妹
仕事   学生
趣味   テレビを見ること
特技   特に無いです
得意なスポーツ   無いです
好きな色   黄色
得意な科目   数学
苦手な科目   英語
クセ   爪を噛んでしまう。
性格   ちょっと暗めです。周りからは優等生に見えるらしいです。
希望する調教   あまり経験が無かったりで、皆さんのような事は出来ないかも知れないですが、頑張りますので宜しくお願いします。
美歩は周りからは優等生みたいに見られるそうだな。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年6月2日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】あの…私、毎日オナニーしてるんですけど、異常ですよね。。【セフレ】

最初のメールはそんな言葉だった。
あるメル友募集サイトでこちらに相談してきたことが
始まりだった。。
毎日オナニーする子は以外に多い
女の子同士でそういう話をする機会はないから
他の子がどの程度してたり、してなかったり
そういう情報は入らないから分からないのも無理はない。
それに他のコのことは女の子なら気にして当然だ。。
話は逸れたが…
調教やお仕置きに興味ある女性の多くはオナニーを
週に3,4回はオナニーをする傾向がある。
毎日する女性も少なくはない。。
そう伝えると、美紗はいろいろなことを話し始めた。。
電マ使ってるけど平気ですか?アナルいじってるんですけど変態ですか?
こちらが予想している以上のことを話してきたので少し驚いた

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2015年5月28日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】母はMが好き【セフレ】

数日前の夜です。母と二人だけの夜でした。母は、68歳。寝室に入り、寝たと思った、母は起きていました。
母の寝室が開いていたのです。全裸になり、鏡台の前で、正座していたのです。そして、写真を見ていました。
昔、若い頃に、調教を受けた時の写真でした。
母「綺麗に、撮れているでしょ。」
自分「今でも、綺麗だよ。」
母「お尻叩いてくれる。お願い。」
自分「良いよ。」
母「手加減しなくて良いからね。」
自分は、素手で、母のお尻を叩きました。
母「もっと強く、止めないでよ。」
自分「無理だよ。手が痛くなる。」
母「布団タタキを使いなさい。」
自分「良いのか。真っ赤になるぞ。」
自分は、布団タタキで、叩き続けました。母のお尻は、真っ赤です。
母「下手ね。良いわ。」「次は、浣腸して。」

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||

2015年4月1日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】早紀【セフレ】

初めてお便りを差し上げます。
早紀と申します。
突然、長文のメールを送りつけるのは、失礼なことと重々承知しておりますが、まずは私のプロフィールを知って頂き、興味を持っていただければと思い、つたない文章をつづらせていただきました。
半年ほど前にこのサイトの存在を知り、掲載されている数多くのお話を楽しく読ませていただいております。
お話の中には、私にとって少々刺激の強すぎるものもありますが、多くの場合、お話の主人公を自分に置き換えて、お恥ずかしい妄想に耽っております。
ネット上にはSM系サイトが山のようにありますが、なかなか管理人さんの趣向と私の思いが合致するサイトを見つけることができませんでした。
どこかに自分と共感できるサイトはないかな・・・そんな思いでいろいろなSM系サイトを覗いてみているうちに、べーるさんのサイトにたどりつきました。
べーるさんが「私」のところに書かれている
(複数の登場人物が出る場合がありますが、それも実はMの目的を達成するための小道具にしかすぎません。ですから主従関係による支配される喜びとは違います)
(セルフSMではMの自分を虐めるのはSの自分です)
それと「自虐のススメ」のトップページに書いてあった
(自虐・自縛といってもそれは自慰行為の延長でしかありません。求めるモノは快楽です。ですから「自傷」とは違うことをご理解ください)
というコメントに共感を覚え、思い切ってメールを差し上げたしだいです。
私が自虐行為で快感を得ることを最初に覚えたのは、中学生の頃です。しばらくの間は未熟な性知識ながらも、知恵を絞って夢中になって色々なことを試してみました。
しかし思春期ということもあり、やがてそんな自分の行為に強い罪悪感を抱くようになってしまい、自虐の性癖を心の奥底に固く封印してしまったのです。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2015年3月12日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】メス犬ゆん【セフレ】

ゆんの告白
ゆんが調教されていく過程です。
今朝の11時です。早速ご主人様の命令を実行してきました。
でも完全には出来ませんでした。。
すみません。
まずは、許可して頂いたオナニーの報告です。
ゆんの部屋は3階で駅前なのでホームの人は窓から見えないのですが、電車に乗っている人がゆんの部屋から見えます。
ちょっと恐くて窓は半分しかあけられませんでした。
でも外の音が入ってきて、なんだか野外でオナニーをしてエッチな声を出しているみたいでドキドキしました。
ただ窓を半分しか開けてないのにです。
それにあとご主人様が送って下さった女の人が4人の男の人に輪姦されている画像にも興奮してこの画像を見ながら、オナニーをしたから余計に興奮したのかも知れません。
それとオナニーの最中にご主人様の存在を意識しながら
「ご主人様、ゆんの体はご主人様のものです。私はご主人様の奴隷です。」と言いながら果ててしまいました。
時々ゆんは、一人エッチの時の妄想に、ゆんが一人でいつもの通りモデルをしているのですが、いつのまにか絵描きさん達は全員男になっていてそれも上半身裸になって、ゆんに襲い掛かってくるんです。
10人の男の人に身動きできない状態にされからだ中を執拗にいじくりまわされる。。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年3月3日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ