最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【不倫】二番でも良いと言って結婚した嫁と【浮気】

嫁の麻衣とは結婚して二年経ち、最近はそろそろ子供を作ろうと話しをしていた。麻衣とは、付き合い始める時にものすごく苦労をしたので、最近のラブラブな毎日が本当に夢のように思える。麻衣と知り合ったのは、大学のサークルでだった。一目見た時から好きになり、とにかく付きまとうというか、いつもそばにいるようにした。でも、全然僕の気持ちは通じず、逆に麻衣が僕に、先輩との恋のことを相談してくる始末だった……。
麻衣は、同じサークルの二つ上の先輩に恋をしていて、友達として僕に相談をかけてくるという、僕にとっては辛い日々だった。
でも相談を聞くという名目で、よく二人でお茶や食事が出来たので、辛い中にも幸せな部分もあった。でも気弱な僕は、麻衣の相談に真剣に答えてアドバイスをしたり、励ましたり、頑張れと応援したりしていた。そのせいかどうかはわからないが、結局麻衣は無事に先輩と付き合うようになってしまって、僕と過ごす時間もなくなっていった。
ラブラブな二人を見て、サークルを辞めようと思うこともあったが、それでも麻衣子のそばにいたくて、辛い思いをしながら辞めずにいた。1年半くらいの苦しい日々だったが、先輩が卒業とともにアメリカに行くことになり、結局麻衣は捨てられた。先輩がアメリカに行く理由も、麻衣が捨てられた理由もわからなかったが、僕は正直にチャンスだと思った。そして、失恋にひどく傷ついて、笑顔がなくなってしまった麻衣に、とにかく明るく優しく付きまとった。
僕が必死になっても、麻衣は落ち込んだままで、一年近くそんな日々が続いた。一年経ち、僕が思いきって告白をしたとき、麻衣は悲しそうに笑って、
『ありがとう……。本当に嬉しけど、ごめんね、どうしても忘れられないよ……』
と、断った。でも僕は、もう後悔したくないと思っていたので、その後も同じように麻衣に付きまとい、何度も何度も告白をした。
そして、僕の熱意というか、しつこさに負けたのか、
『うん……、でも私、ずっとあの人のこと忘れられないと思う……。それでもいいの? あっくんのこと、この先どれだけ好きになっても、ずっと二番だよ?』
と、泣きながら言ってくれた。
「それでもいい! どれだけ時間がかかっても、絶対に忘れさせるから! 絶対に俺が一番になるから!」
僕の人生で、一番真剣に、一番熱くなった瞬間だったと思う。麻衣は、さらに泣きながら、号泣に近い感じで泣きながら、
『よろしくお願いします。あっくん、本当にありがとう』
と言ってくれた。こんな感じで始まった付き合いだったけど、僕は幸せだった。好きな女の子と手を繋いで歩くだけで、こんなにも世界が違って見えるものなんだと、初めて知ることが出来た。ただ、僕と一緒にいて、楽しそうにしていたと思ったら、急に落ち込んだりする麻衣を見て、先輩の影はずっと付きまとっているようだった。でも、それも半年、一年と過ぎ、二年を数える頃にはすっかり消えていた。心の中までは覗けないが、表面上はすっかりと先輩のことを忘れたようだった。
そして、仕事も順調で、色々な意味でやっていけると判断して、プロポーズした。『はい! よろしくお願いします。あっくん、本当にありがとう、愛してます』

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月9日 | エロい告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【おっぱい】夫には言えない私の秘め事【巨乳】

今年34歳になる一児の母親です。
私には誰にも言えない苦しい思い出があるんです。夫(40歳)と結婚して数年、1人の子供(男)を授かりました。
夫も課長へ昇進し、生活費も十分だった事もあり私は専業主婦をさせて頂いています。
子供も小学生になり、昼間は自由な時間・・・とは言っても掃除に洗濯、主人と子供を送り出し
午前中は忙しく過ごしています。
子供も習い事を始め、帰宅は5時を過ぎる日々。そんな幸せな生活が、あの出来事で一遍したんです。我が家は街外れの静かな場所にありました。
本道から山道を昇った所に、地元の高校があり当時は凄く荒れていると聞いていたんです。
もちろん近所で髪を金髪にした柄の悪い高校生がタバコを吸っているのを見かけた事が度々です。
そんな高校生にまさか私が性のターゲットにされる何て想像もしていませんでした。その日、買い物を済ませ家路に向かっていると、公園の前で柄の悪い高校生が私の方を見ていました。
何だか怖くて、いつもは通らない公園の裏手を通る細道へ反れ足早に歩いて行くと、回り道をした
数人の高校生が”何逃げてんだよ”と声を荒げて近づいて来たんです。
慌てて道を戻ろうとすると反対側にもさっきの高校生が歩いて来て、5人に囲まれた私は、彼らから逃げる様に
更に奥地にある沼池に進んでしまったんです。
そこは地元の人もほとんど入る事の無い場所で、昼間でも静まり返っていたんです。
あっと言う間に私は彼らに囲まれイヤイヤする中、衣服を脱がされ始めたんです。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | エロい告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【友達】24歳の若いカップルと知り合って彼女をホテルに 続5編【セフレ】

前編は以下のとおり

彼女は、引かないで欲しいと誰にも言わないでという条件で
実は浮気をした事があると白状。

時期は四年生の時で、相手は他大学の二年生。
浮気はその年下の男一人だけで、セックスは二回。

彼女は学生の時にある女子スポーツのサークルに所属。
公認の部活程厳しくないが、一応外部の人間に指導を頼んだりして
真面目なサークル

そして彼女が三年生の時に入ってきた一年生でAという女の子がいた。

先輩でもあり会内で役職にも就いていた彼女は

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||

2016年6月12日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】3年前の今日【セフレ】

当時、私は46歳の営業系サラリーマンでした。
妻は44歳の主婦で火、木だけパートに出ていました。
子供は三人いますが其々遠方に就職しました。妻は顔は可愛い系で若く見えますし、かなり美人な方だと思います。
性格も良くて優しくて少し恥ずかしがりで清楚そうな感じです。
しかし残念なことに少し小太りでオバサン体型なのです。
胸はEカップですがブラを着けないとかなり垂れています。
陰毛は薄いほうでお〇こも見た目は綺麗なのですが締りは緩いのでもう5年近く遠のいています。妻には当時40歳になるバツイチの妹がいましたが顔は同じように可愛い系の美人でスタイルも妻よりは良くお〇この締りも抜群です。
そう妻の妹と関係を持っていて、妻には申し訳ないと思いながらもう5年以上経っていました。そんな妹のH美から妻が若い男と浮気しているかも知れないと聞かされました。
私は普段の妻の素振りから全く信じられませんでした。
仮に・・万が一にも浮気していたとしても妻の妹と関係を持った私がとやかく言えませんが・・そして運命の4月20日の火曜日、少し早かったのですが会社に電話して自宅に直帰しました。
妻の浮気を疑ってとかじゃなくて、たまたま自宅近くで仕事が終わったからです。
自宅マンションの玄関ロビーに入った時にエレベーターから若い男の子たち(20歳前後?)がワイワイ言いながら出てきました。
『騒がしい連中だな。』と思いながらすれ違ったのですが、その時に彼らが
「もうババァのガバガバマン〇はいらんな。」とか「あの姿、旦那が帰ってきて見たら腰抜かすぞ。」「離婚確定か?ププッ」とか笑いながら言ってるのが聞こえたのです。
「DVD・・旦那は気付くかなぁ。」最後にキンキンなほどの金髪の男の子が言ったのです。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2015年11月17日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】過去に【セフレ】

今目が覚めて外見たらば,まだ雨ですね。
思い出しちゃんですよね。
僕は昔は貧乏暇無しで仕事をしてました。
その仕事の帰り道の夜,ずぶ濡れの女が歩いていて,見れば痣はあるし服はボロボロ。
なんもないボロアパ−トで風呂と服を貸してあげた。
何でもするからここに置いて・・・か。
訳も話さないし,どうせ寝るだけの部屋だから承諾した。
あまりにも家事をこなすから金髪だけど悪い娘じゃないし,ゆっくり話しをしたんだ。
同い年の23才,家は義母の言いなりの馬鹿親父で,義母の虐めにも知らん顔,そんで知り合いの家を転々として最後の所でレイプ未遂。
ここで良けりゃ居なよ,金も無いのに言っちゃった。
だから働いたよ。
可愛いからスケベ心を押さえんの大変だったな。
金貯めてマシな所に移って,やっとエッチできたな。
処女だったし大事にしたな。
あれから13年,今はスケベになって濃厚なエッチで,もう僕はヘロヘロ。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||

2015年10月27日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】夢幻泡影の姉妹【セフレ】

炎天下の中、プール脇の更衣室で湿った空気を吸い込みながら、フェイトは思う。
これはきっと何かの間違いで、偶然なのだと。
フェイトは自分のロッカーの内部を何度も確認する。
既にプールの授業は終了し、他のクラスメイトは全員が教室に戻っていた。フェイトだけが最後まで更衣室に取り残されて探し物をしていた。
幸い、今日は体育の授業後は昼休みなので次の授業に遅れる心配は無い。
「———でも、早く戻らないとなのはやはやてに心配をかけてしまう」
急がなければならない事に変わりはなかった。
下着が無くなっていた。
更衣室のロッカーにしまっていたはずの下着だけが消えていた。制服や財布はそのままなのに、下着だけが見付からなかった。他のクラスメイト達にはそんな事は無かったようでフェイトだけが被害者という事になる。
「どうして・・・」
フェイトの呟きに応える者はなく、ただ蝉の鳴き声だけが更衣室の中で反響していた。
時計を見る。既に昼休みが始まってから15分以上が経過していた。
「———これ以上はなのは達を待たせる訳にはいかない・・・」
フェイトは意を決して制服だけを身に付けて更衣室を出て行くことにする。
湿った肌にブラウスが吸い付き、フェイトの艶かしい肉体を否応無く映し出す。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年9月26日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【出会い系】19歳のギャルに中出ししてきた 【SNS】

相手は19でヤンキーで金髪レディースって感じの子なんだが、
顔はかわいくて見た目は街にいる結構カワイイ子だったから、ジャージで来たが
大当たり!って思って速攻ホテルへ。

いざ前戯を始めるとものすごい感じ方かなりカワイイ声の喘ぎ。
ジャージなので一枚下はすぐ下着。胸をちょっと触っただけでもビクビク。
シャワーも無しでとりあえず手マン。はずかしいって連呼しながらあそこは洪水。
手マン中もグチュグチュ音が恥ずかしいらしく、「音・・・ハズイ・・・」って
可愛く言うもんだから、グチュグチュにした指を一気に抜いて断りもなく一気に生挿入。

それだけ濡れてるからすぐ入るのは当たり前なのに「すぐ入っちゃうなんて・・・」
って恥じらう始末。喘ぎ声の可愛さとヤンキースタイルのギャップにやられながら
突きまくり。バックで突きながらブラはずして、服脱がして、後ろから胸もみまくり。

ってこうやって脱がしてくと靴下が脱がせないからバックでやってると格好がエロイ。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||

2015年9月17日 | エロい告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系】サイト内での中だしOKの女に挑戦 【SNS】

最近は、出会い系サイト内で中だしOKの書き込みも増えている。
かつては生ハメだけでも高額な金を提示しないと会えなかった。
今では援助する女の子が増えるのに対し男の閲覧率が低い。
原因は恐らく書き込んでいる女の子が毎日同じで文章もコピーで
内容が同一、高年齢や女装師等の増加だと思われる。
閲覧率の高い女の子は写メを記載したり、年齢を誤魔化したりしている女。
俺自身も年齢、体型B.W.Hは気にして掲示板に目を通す。
今回は、最近割り切りで利用しているギャルとエロトークのアダルト掲示板で
写メは無いが年齢が18歳の女の子の募集があったので閲覧すると。
「ゴム有はイチ、生外はイチニ、中だしイチゴ」
中だし公認ならガッツリ中に射精できる。
体型がポチャと記載されていたのが気になったがメールを送った。
今回は、貴重な格安中だし覚悟の娘…逃がしたくない。
「2回戦イチゴでお願いします」
「2でお願いします」

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||

2015年9月7日 | エロい告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【友達】聖乱美少女-3【セフレ】

『 第三章 巨乳・淫乱美少女 』

朝方、「ブンブブッ ブンブンッ ブブンブンンン・・」と
自動車のエンジン音で目覚めた
誰だっ早くからリフォームは終わったはずだが・・窓越しに外を見ると
見知らぬ若い男性が軽トラックをバンガローに横付けしていた
俺は直ぐに管理事務所を飛び出しバンガローへ走って行った
俺は若い男性に「役場の人じゃないな お前誰だ 個々は私用地だぞ」
若い男性は驚き顔で「あのっ僕は尚子の兄ですけど 場所を間違えたかな」
後ろから「お〜い 入口で待っていろと言ったろうが」と自転車で来る
尚子と真弓の姿があった
尚子達は荒息をしながら「はぁはぁ疲れたぁ 私達はどこで寝泊りするの」
「えっ 寝泊りて・・時々泊まりがあるけど・・長期寝泊りじゃないよ」
「昨日、寝泊りだって言ったよ それに親のアルバイト承認印もあるよ」
軽トラックの荷台はテレビ・ステレオ・布団など生活用品が乗せてあった

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2015年8月18日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】聖乱美少女-2【セフレ】

『 第二章 キャンプ村 再開設 』

俺は廃墟に成っているキャンプ村を歩いて回った
看板は風化状態で”町立青少年キャンプ村”と確認出来た
町立かぁ多分 長引く不況に財政が苦しかっただろう
キャンプ村は本格的設備でオートキャンプ場面積1000㎡
4畳半から6畳までのバンガロー・トイレ・シャワー設備・炊事場
目の前には広大な砂浜の海水浴場がある
その時、釣竿を持った老人が遣って来た 老人を俺を見て言った
「あんた 不動産屋かね この土地を買うのかね 」
俺は手を左右に振りながら「違います 見ているだけですよ
このキャンプ村は売却中ですか」
老人は怒りながら「商工課連中の馬鹿ものが 税金を無駄にして」と
言いながら浜辺の方へ歩いて行った
売却中かぁ いくらだろう 念願の少女達と交流が出来るぞ

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2015年8月15日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談
1 / 2912345...1020...最後 »

このページの先頭へ