最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【寝取られ】良妻賢母で難攻不落の妻【裏切り】

私より四歳下の妻は、四十四才。飛び切りの美人とちまたでは言われていますが、
私としては顔立ちは、端正なほうだと思っています。
元々細身な体型も、年齢相応に崩れてはいますが、やや薄く、
肉のつき掛かった腰回りなどは、見ようによって、
それはそれで魅力的と言えなくもありません。
ネットで知り会った岡本氏に言わせれば、
人工的な美魔女の美しさより、熟女は、腐り掛けに限るそうです。
岡本氏とは、非通知の電話を十数度、動画像の交換を含めたメールでの遣り取りは、
すでに、百通信を越えていました。
身元が確かで、同年代のセックスに熟達した巨根男性、
造園業を営む岡本氏は、私の出した条件にぴったりだったのです。
寝取られに関しては、構想十五年、説得四年半、難攻不落の妻を前に、
万策の尽きたと諦め掛けた頃、生返事ながら、思い掛けなく、
一度だけを条件に、了解を得ることができたのです。
妻の心境の変化について、思い当たることが一つあります。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月25日 | エロい告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【おっぱい】スロットにはまった若妻を罠にはめた【巨乳】

俺が昔、スロットで生活してた頃の話だけど、けっこう良い思いをしてた。
今となっては信じられないかも知れないけど、昔のスロットは、技術介入とハイエナ狙いで、確実に食えた。
閉店間際に天井近い台をメモして、次の日の朝一狙いをするだけの簡単なお仕事なのに、なぜみんなやらないのかと不思議に思うくらいだった。そして、負けてるヤツを見て、正直心の中で笑っていた。フラッと店に来て、適当に台を選んで、ジャブジャブお金を解かしていく姿は、勝っている人間から見ると、俺の養分wて言いたくなる感じだった。
そして、そんな負け方をする人間に、若い女性が多いのもあの頃の特徴だった気がする。
5号機になってからは、俺はスロットは打たなくなったけど、たまに1パチとかで遊んだりする時に、スロットの島を見ると、本当に女性というか、打つ人間そのものの数が減ったと思う。
確かに、今のスロットはストレスしかたまらないw
当時は、アホみたいに金を溶かし続ける女の子を見て、止めときゃ良いのにと思いながら、俺はマジで出しまくっていた。
あの頃は、負けてるヤツは額もハンパではなくて、死んだ魚のような目で打ってて怖かった。レギュラーボーナスが確定しているのに、必死な顔で、すがりつくようにビッグを目押しし続けるヤツとか、溶かしすぎて震えながら打つヤツ、台を壊れるまで殴り続けるヤツ、ホールのトイレで自殺するヤツまでいたような時代だった。
そして、俺が箱を積んで打っていると、たまに女性に声をかけられた。トイレに立った時や、飲み物買いに行った時に、後ろから声をかけられるパターンが多かったけど、ストレートに”買ってくれ”と言うヤツだった。
初めはけっこう驚いたけど、1万で口、2万で最後までとか、風俗より安上がりだったから、ちょくちょく買ってたw
とは言っても、向こうも早くスロットを打ちたいばっかりで、とにかく早くイカせようとするし、移動の時間がもったいないからか、駐車場の隅とか、車の中とか、トイレの中がほとんどだった。
なので、ムードも何もないんだけど、けっこう若い女の子も食えたし、驚くほど可愛い子もいたりで、それなりに良い思いはしていた。
そんなある日、環奈に出会った。
後でわかったことだけど、環奈は26歳の人妻で、結婚して2年も経っていない、ほぼ新婚さんだった。
俺がいつものように、朝イチで並んだ台で打っていて、宵越しのハイエナが上手く行き、1G連も引いて幸先良いなと思っていた時、隣の台に座ったのが環奈だった。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | エロい告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【友達】24歳の若いカップルと知り合って彼女をホテルに 続11編【セフレ】

前編は以下のとおり

そこからは彼女の頭を掴みながらのイラマチオ
「んっ、ぐぅ、う、んっんっんっ……!」

かなり喉奥に入れても我慢するようになっているのでお構いなし。
「Fとやったんだから、俺とAがやってもいいよな?」
「○○は彼氏いるもんな」 と言葉責め

彼女は返事が出来るわけもなく、ただ苦しそうな声と
ジュポジュポという音だけが聞こえる。

一旦動かすの止め、彼女を休ませる。
咥えたまま「ふーっ、ふーっ」と呼吸をする彼女

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||

2016年7月25日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】24歳の若いカップルと知り合って彼女をホテルに 続続編【セフレ】

前編は以下のとおり

二回目と現在について。
最初の書き込みをしてから割とすぐに飲み屋で彼女と再会した。

以前のような友達関係には戻れないと俺は覚悟していたのだが、
彼女は普通だった。それこそ関係を持つ前と同じ感じ。

普通に飲んで、彼氏やら仕事について話す彼女の様子に
驚いたのはもちろんだったが、それ以上に、助かったとも思った。

その理由は夏の一件以降彼女がまた飲み屋に顔を出さなくなったので
ママに手を出したかと疑われていたから。

彼女の様子を見てママの疑い(当たっているが)も晴れたし、

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||

2016年4月28日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【不倫】付き合ってた彼女の妹とヤりまくった 続編【浮気】

前編は以下のとおり

こんな感じ初めて妹ちゃんとセックスした後、
次にするまでは実はだいぶ間が空いた。

自分が泊まりに行った次の日に、彼女含め家族が皆居ない、
なんて言う都合のいい状況はなかなか起きなかったからだ。

それに彼女は束縛が激しい女で、携帯を全部見てくるし、
女の名前は嫉妬の対象になるので、
妹ちゃんとはメールアドレスの交換もしてなかった。

当時はSNSもmixiくらいしかなくて、彼女とマイミクだったおれは
妹ちゃんにマイミク申請を送ることもできず、無力だった。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||

2016年2月7日 | エロい告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【友達】24歳の若いカップルと知り合って彼女をホテルに 続編【セフレ】

前編は以下のとおり

前編のエッチの詳細・・・

俺。 身長185くらい。
学生の頃やってたスポーツ(今妙に流行ってる)の名残で
ジム通い習慣化してるので体格がっしり。
以前も書いたが45才バツイチ、
離婚原因は俺の度重なる風俗遊び。
一緒に住んでないが高校生の娘あり。

彼女。
年齢は今は25だな。身長大きい170はある。
胸は聞いてないが、触った感じDは確実にある。
尻も大きくて良し。髪は胸元くらいまでの長さ。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||

2016年1月14日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】付き合っていたOLを目の前で単独男性に抱かせた【裏切り】

付き合っていたOLを、オレの見ている前で、
以前知り合った単独男性に抱かせた。

カノジョは21歳、色白でM嗜好の強い子だった。

オレは昔から寝取られ願望があり、
自分の愛するカノジョが自分の目の前で他のオトコに
激しくセックスされて、イカされてしまうのを見るのが好きだった。

付き合って半年位、その間オレの性癖を繰り返して話し、
オレの目の前で他の人に抱かれて欲しいと頼み続けた。

カノジョはしぶしぶながらも一応承諾してくれた。
早速、昔一緒に遊んだ単独男性のXさんに連絡を取り、お招きした。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||

2015年12月28日 | エロい告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】旦那とセックスレスの幼稚園のママ友とラブホへ【不倫】

9月ごろから仲良くなった幼稚園のママ友。
居酒屋で一緒に飲んで、別れ際には抱きしめてディープキス。
セックスはお預け。

ご主人とは訳あって2年ぐらいセックスレス。
手をつないで駅まで向かう途中の人気のないパーキングで
腰に手を回して奥へ。

お尻に手を添えて抱き寄せると、最初は抵抗したものの
お尻を撫でながら、うなじに手を這わしてキス。

それに火がついたのか?奥さんの方から舌を絡ませてきた。
もう少しでパンツ下ろすところだった。

そして土曜日にラブホ行ってきた。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||

2015年12月10日 | エロい告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】片想いの人とした人生で一番気持ち良いセックス 2 【セフレ】

前回↓

11

「で、その相手とは上手くいってるのか?」

恵理はそれに対して少しの間考える素振りをした後、俯き加減で首を横に振った。

「え、そうなの、なんで?」

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2015年12月2日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】他人(ひと)の皮を被る 六話(完結)【セフレ】

 それからの晃は、由希とデートを重ねつつ、奈津美を呼び出しては調教を続けた。
 晃の目算通り、奈津美は強姦の事実を他人に漏らす性格ではない。
 晃が来いと命じれば仕事を終えたその足でマンションを訪れ、調教を受ける。 晃は様々な方法で奈津美の肛門を開発した。
 裸にコートを着せて深夜の公園へ赴き、イチジク浣腸を入れて木陰で排泄させた事もある。
 晃の前で自ら尻穴オナニーをするよう命じもした。
 初めは晃を恨めしそうに睨みながら事務的に指を動かしていたものが、
 時間が経つにつれ自らの指に腸液を纏いつかせ、恥ずかしそうに内股になる様は嗜虐心を煽った。
 三度目の調教からは、よほど浣腸が嫌だったのか、自ら腸内を洗浄してくるようになった。
 晃はその度にどうやって綺麗にしてきたのかを訊いた。
「ここへ来る途中のコンビニで、浣腸を入れてよ……」
 奈津美の答えを、晃は様々に想像する。
 これほどの美人がコンビニのトイレに入り、浣腸を入れて音を立てて排泄する。
 店内の人間はどう感じただろうか。
 その妄想を語り聞かせながら奈津美の尻穴を嬲ると、たちまち肛門がきゅうと締まり出す。
 人一倍プライドの高い奈津美は、人一倍のマゾヒストでもあった。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2015年11月28日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談
1 / 5212345...102030...最後 »

このページの先頭へ