最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達】ごみ袋【セフレ】

同じマンションにキレイな女性が住んでます、何気なく朝窓から外を見てたらその女性がゴミを出してました、私もと思いゴミ袋を持ってゴミ出し場に行きました、ゴミを出し帰ろうとした時先程彼女が出したゴミが目に入りました、ビニール越しにかなりもっこりしていたので何かお宝が入ってるかもと思いさりげなくその袋を持ち帰りました、家の中で袋を開け中の物を出してみると出てくる出てくる、いらなくなった使い古しのブラジャーやパンティーが固く縛られた別のビニール袋から大量に出てきました、私はそれを舐めたり、匂いを嗅いだり、自分で履いたり、下着を息子に擦りつけたりと至福の時間を過ごし、彼女の顔を思いだしながら5時間にわたり3回の射精を繰り返しました、匂を嗅いだり舐めたり、擦りつけると頭が真っ白になり、まるで危ない薬でも飲んでるかのような快楽が息子を襲います、まだ未使用があるので今日も頂きます、今から考えただけでイキそう。

エロい告白体験談検索用タグ

|||

2015年10月4日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】教え子【セフレ】

あれはもう3年も前のことです。私は35才でまだ独身で高校の英語の臨時講師をしてた時のことです。康子は私の受け持ちクラスの女子で私になつき、授業の時はいつも熱っぽい目で私の授業を一生懸命に理解しようとしていました。
生徒が教師に擬似的な恋愛感情をもつことはよくあることで、私はその康子の気持ちに火をつけることのないように注意していました。
 期末試験が近づいていました。
先生「わからないところがあるから教えて下さい」といって、その子が私のアパートに突然やってきたのです。
 私は乱雑な部屋に上げることに躊躇したのですが、「失礼します」といって私があわてるのもかまわずに上がりこんでしまいました。
そのとき運悪く週刊誌のヌードグラビアが机の上に開いたままになっていたのでした。
康子は「ふーん先生も男なんだ」と感情を殺した声でつぶやきました。そして、机の上に教科書を開いて「この文章の意味がよくわからないのですが‥」と私の椅子に腰掛けたのです。
 私は自然と彼女の肩越しに教科書を見ることになりました。そして、その距離に不覚にも、甘いものを感じ始めてしまいました
彼女も敏感にそのことを感じとったようです。しかも、彼女が付けていた香水がほのかに香っていて、襟元から白い乳房が見えてしまったのです。私は教え子に勃起してしまいました。彼女は雰囲気からなんとなく解ったようで、鉛筆を落としたふりをして私の股間に偶然手があったったふりをしました。
 そして、教科書の一文を指して「ここなんです。教えて」
と甘えたようにいいました。私はかがみこむようにして彼女のそばによりました。すると、彼女はひじを私の股間になにげなく当てて一生懸命私の説明を聞いているふりをしはじめました。
私の股間ははじけそうに膨らんでいたはずです。そして、かすかであるが、ときどきひじを動かすのです。私の声はかすれやがて話すことができなくなりました。
彼女ももう説明を聞いているふりをやめて、後ろ向きのまま
私の股間を手で触り始めました。
 私はそれでも教え子に抱きつくようなことはできませんでした。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||

2015年10月4日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】表現しきれない【セフレ】

俺今は27歳。他の人はどうかは解らないけど、それなりに恋愛もエッチもしてきたが、これまで出逢ってきた人の中で一番好きな相手とは結ばれていない。見た目だとか性格だとか相性だとかそんなくだらない価値観でなく心底好きになった相手。高校生の時に友達の紹介で出会ったレイその日は番号交換をして終えたが運命かな次の日電車でばったりあってお互い昨晩は電話を持ち連絡を待ち合っていたことが分かりあっという間に自分の駅におりた。同時にお互いに付き合ってる人がいのでそれから先はカップルみたいに頻繁に会うことはなかった。お互いの家に一回づつ花火大会にデートはしたけど お互いに今は無理だよねとエッチどころかキスもなかった。ただただその空間が嬉しかった。それから俺は大学にレイは就職と離れてしまい、県外に出る俺は当時の彼女と別れレイにずっと一緒にいてほしいと伝えると今は無理と返事だった。大学2年の時にれいが当時の彼氏と別れ 付き合う理由が無くなったから別れる、5年も付き合った彼氏だよ と言うと戻る理由がないから戻らない、そばに行きたいと言うがその時には彼女がいて今は無理と返事をした。大学3年になると色々なことがあり 当時の彼女とは別れ、レイに今度あわない?返事はいいよ。大阪駅で待ち合わせしお互いの状況を話をした。その時はもう付き合うとかの話しはなかった。お互い結ばれそうな時に何かが邪魔をする事からお互いに逃げたのかな。京都に用事があったのであっという間の時間だったかな。幸せな時間なんだけど何処か胸が苦しくて歯がゆくて、そう思うとその後なかなか連絡をする事が出来ず俺は帰郷し父親の会社に入社した。運命ってあるんだなぁと去年友人の結婚式でレイがいた。友人の奥さんとレイは同じ会社で、目があった瞬間時間が止まったような感覚でレイは目がウルウルと。友人の披露宴なんて頭になくそわそわそわそわしてる自分がいた。披露宴ご会場前に座っているとレイが隣に座り話すことなく膝の上の手に手をかさねた。日航ホテルだったがフロントに電話し部屋を予約し部屋に入った瞬間抱き合い10年来始めてキスをした。そのままベッドでわからないわかんないけどずっとこうなりたかったと言うと、泣きながら私もだよとお互いに全身を舐めあい、今までの時間を取り戻すくらい求めあった。恋愛ってなんだかよく解らないけど10年で指が余るくらいしか会ったことないけど間もなく結婚します。エロくなくてすいません

エロい告白体験談検索用タグ

|||||

2015年10月3日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】続 メグミちゃん【セフレ】

37続 メグミちゃん削除依頼
投稿者:しげ ◆AU/OjWxByc 2009/10/22 11:11:32(mhitVFHE)
投稿削除

ちょろっとのリクエストがあったので、その続きを書きたいと思います。
あと、メグミちゃんやら、これから出てくる他の娘は全て仮名ですので、あしからず…。
あの衝撃の夜のセックスの後も、友達不在中を狙う手口で何回かメグミちゃんと体を重ねた。まあ、毎回似たようなプレイで、進展は無かった…。3~4回程した頃だったろうか、メグミちゃんから、『わざと、兄ちゃんいない時来てるんですよね?これからはそんなことしないで良いですから、アドレスと番号教えます』っと小声で、衝撃発言を言い放った。
これには、かなり私も喜んで、直ぐさま交換し、帰宅したその晩からメールを送信し、ほぼ毎日の様にやり取りをした。内容は一ヶ月ぐらい初期の頃は『学校の相談やら、好きなアニメが何だ』とか、どうでもいい様な話や、また『今日は来て良いよとか、今日はセックスしたい』など結構な大胆発言もあった。
そんなやり取りを三ヶ月程して行く中で、大体週一回は家や、車、公園トイレにてセックスをする様になった。(相変わらず、アソコはひどい臭いですが。笑)
そんなこんなで、やっと心を開いてくれて、最初の頃の素っ気ない態度から変わり打ち解けて行った。
メールの中身も語尾に『なり☆』とか『~ちゃ☆』とかが付いてくる様になった。
そんなこんなで、最初のセックスから半年後頃にメールをしていると『私の仲良しの友達に、セックスしてみたいって言う娘がいるんだけど、しげさんのこと紹介していい?』という内容のメールが入った。
こんな漫画やAVみたいな話は嘘だろと思ったが、メグミちゃんは嘘つくようなタイプの人間ではないので直ぐに『いいよ!』っと返事をした。
正直なところ、かなり嬉しい興奮が半分、残りの半分はメグミちゃんの大親友ってどんな気持ちの悪い地味娘が来るのかな、という気持ちが半分でした…
(メグミちゃんも可愛くないし地味なんで…)

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2015年10月2日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】職場の40代の男性に乳首をしゃぶられて【セフレ】

私が20歳の時、職場の40代の男性と途中までしちゃった話。
男性はアパートに住んでいて、内縁の妻がいる人。

今日はその妻がいないので飲みに来い、
と誘われ一人で男性宅に行きました。

男性と仕事の愚痴など話ながら
飲み食いして盛り上がっていました。

その時は寒い時期でヒーターを焚いていて
酒が入りすごく酔ってしまいました。

男性も酔っていて「おっぱい見せろ」と言われました。
あっという間に上着とブラを脱がされてしまいました。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||

2015年10月2日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】結愛の蜜2【セフレ】

結愛、イキそうなんだね…、思いっきりイカせて上げるからね。。。
(頭を両手で挟まれ、顔いっぱいに蜜だらけにしながら、
子宮が、伸縮して膣もうごめき…、イキそうな結愛の膣奥を
激しくかき混ぜる様に、ジュプ…ジュプ…、ニチャニチャ…
激しく音を立てながら、舐め回し、、鼻先でクリトリスを、
グイグイと押しつぶしていく…)
貴文さん…っ…イカせてぇっ!
結愛のおまんこイカせてぇっ!
はぁっあぅぅんっ…音やらし…にちゃにちゃって…あうっいいっいいっ!
おまんこの中舌いっぱいっ…はぁんっクリもビラビラも擦れて気持ちいいっ…!
だめぇーーーーっ…おまんこいくっ…はぅぅううっいくっいくっいくっ…あぅうんっ…!!!
(無我夢中で快感を求め、貴文さんの髪をくしゃくしゃにしながら愛液と涎が白く泡立つおまんこを擦り付ける)
舌を思いっきり結愛の子宮口まで入れ…
激しく掻き回す様に舐め回し…、ビラビラに吸い付いた口で、
一気に結愛の蜜を吸い出していく…、ジュルジュルジュル…、、、

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|

2015年10月2日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】山の手線【セフレ】

昨年暮の夜、山の手線に乗っていたら、いかにも忘年会帰りのほろ酔いOLを
発見。下車が同じ駅で郊外方面の私鉄は終わってる時間だったので、タクシ
ー乗り場に向かうとその女も同じ方向になった。ちょっと歳はいってそうだ
し、美人というほどではなけど、まあ普通以上かな〜って感じの外見だし、
コートの上からでもわかる巨乳に引かれて、ダメもとで声を掛けると「飲み
足りないの?」って割りとイイ乗り。すんなり30分だけという約束で居酒
屋へ。。。
お互いそれなりに酔ってるから、結構軽いトークで仕事の話やら結婚の話や
らで、そこそこ盛り上がった。歳は35で独身。彼氏アリ。ということが判
明。実は今日も彼氏と飲んでいたとのこと。
若干Hトークを交えて、小1時間ってところで帰ろうと切り出すと、なかな
か腰が重い。でも、こっちも次の日早いし、とりあえず店をいっしょに出
た。もう2時過ぎだったので外は人影ナシ。これは!と思い、寒むー!とか
言いながら、路上で抱きしめると向こうもギューとしてきた。次の瞬間、向
こうからチュっ!としてきたので、この野郎と思いもう1回キスすると、向

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||

2015年10月1日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】弄りっ娘【セフレ】

「遅くなっちゃったなぁ…」
六年生の小夜ちゃんは、今日は居残りでした。
「小夜さんは、この後、先生の所に来て下さいね。」
友達とバイバイした後、小夜ちゃんは、仕方なく一人で先生について行きました。
「やだなぁ、今日は麻希ちゃんと遊ぶ約束してたのに……」
「大丈夫だよ、そんなに時間とらないからね。」
先生は、だあれもいない宿直室に入っていきました。小夜ちゃんも、宿直室に入りました。
(カチャッ…)先生が、鍵を閉めてしまいました。
「ねぇ先生、どうして鍵を閉めるの?」
小夜ちゃんは聞きました。
「人が来ると嫌だからね。」
「ふぅん…?」
(それにしても、早く帰りたいなぁ…)
「あ、そうだ。小夜“ちゃん”、喉乾かない?」
小夜ちゃんは、先生の【小夜ちゃんに対する呼び方】が変わっているのにも気付かずに、

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||

2015年9月30日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】別れ話の夜の痴態【セフレ】

別れ話をした日、彼の所に泊まる予定になっていたので、そのまま同じ布団で寝た。
夜中、多分3時頃だったと思うけど、彼が私の下着の上から手を触れてきた。
別れ話をした事もあって私は眠りが浅かった為にすぐ気付いた。ドキドキしてる
私にキス。彼が舌を入れてきた。私も舌を絡ませる。そして彼の手は私の胸に。
乳首を抓まれ、すぐに声が出てしまった。
私が乳首に弱いことを知っているので、 いつも乳首は念入りに愛撫してくれた。
この日も乳首を痛いくらいに抓まれたり、 指の腹でさすられたり…。自分でもどんどん下半身が濡れてくるのを感じていた。
彼の唇は私の首筋を通って胸に降りてくる。
彼の唇が乳首に触れた途端、もう他には何も考えられなくなった。
乳房全体を手で揉みながら、歯を使って噛みながら乳首を吸われる。
もう片方の乳首も手でコリコリされ、その度に下半身が疼く。
彼は弟や友人達、全部で4人で一軒家を借りて住んでいたので、隣の部屋にいる弟達に声が聞こえないように声を出すのを我慢していたが、それでも乳首への愛撫で徐々に声が出てしまった。
胸を揉まれながらキス。彼の舌が私の口を割って入り込んでくる。
私も舌を絡めて答える。
胸への愛撫はいつもよりしつこく、私は、今自分に与えられている快楽だけで生きている気がしていた。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||

2015年9月30日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】女性3人に【セフレ】

288女性3人に削除依頼
投稿者:大学1年 2004/12/23 00:07:47(3Ef8Q0D6)
投稿削除

ちょうど一年前、部活の先輩の3人の女性に犯されました。その日男女6人でカラオケに行くということで待ち合わせ場所のE美さんのアパートへ行き話をしながら集まるのをまっていたのですが男性陣が集まらず変だなと思いK子さんに尋ねると3人が顔を見合わせて薄笑いをしながら僕に近寄ってきて「カラオケなんて行かない」「明日は休みだしゆっくりしましょ」「こういうのしてみたかったの」などといいながら僕の体を触り始め「おとなしく言うことを聞きなさい」「可愛い彼女がどうなってもいいの?」「あなた卒業したくないの?」など脅迫をうけ
彼女達に従うと「脱ぎでそこの柱に立ちなさい」と僕はパンツ一枚姿で柱の前に立つとE美さんとY代さんが履いていたパンストで柱を挟んで僕の口と手を後ろで縛り付けK子さんが耳元で「おとなしくしてればいいの」と彼女達は僕の体を触り舐め始めると僕も男です勃起してしまいそれを見たE美さんが僕の前にしゃがみパンツの上から触り耳元ではK子さんとY代さんが「彼女と私たちどっちがいい?」「勝手にイッたらダメよ」「Y代と私もいるんだから」E美さんがパンツを下げ先から舐め始めた。他の二人がそれを見ながら服を脱ぎY代さんはたまらず
自分でオマ〇コをいじり始めK子さんはE美さんの横にわりこみ二人でしゃぶりだした。僕はたまらずイキそうになり体を硬直すると「言うことが聞けないみたいね」と紐とゴムでぺ〇スの根元をきつく締めあげ満足いくまでくわえY代さんへ。Y代さんが終わると休む間もなく僕を柱から解き床に敷かれた布団の上に寝かせるとK子さんが「今から撮影始めるからみんないい表情で」と僕は頭が真っ白になった。Y代さんがまたがりぺ〇スに腰沈め動かし喘ぐ、次にE美さんが顔の上にまたがりオマ〇コを押しつけクン二を強要Y代さんがイクとE美さんが
E美さんがぺ〇スへK子さんがクンニY代さんが撮影と代わる代わるに犯され彼女達の休憩をはさみオナニーを強要され3人の前でオナニーを見せ初めて僕もイクことができたがしっかりとビデオと写真に撮られた。そして突然K子さんが「E美あれ使おうよ」「やる?」とE美さんがタンスの中からぺ〇スの形をした物がついた装着できるものを出し3人でじゃんけんをしK子さんがそれを付けた。E美さんとY代さんが僕を再び柱に今度は腰をかがめた格好で縛り付け「アナルは経験ある?」「女の立場を教えてあげる」と僕のアナルと疑似ぺ〇スにローションを塗り
僕のアナルを3人で犯し状況を撮影した。延々と彼女達に犯され解放されたのは翌日の夕方、体はぼろぼろでした。それ以来今でも時々彼女達に奴隷のように犯され自分の彼女とはセックスができなくなってしまい別れたのは言うまでもありません

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||

2015年9月29日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ