最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【フェラ】【寝取られ】彼女が浮気してる気がしたから隠しカメラを設置した【クンニ】

名無しさんからの投稿
—-
昔付き合ってた彼女が浮気してる気がして、どうしようもなかったから彼女の部屋に隠しカメラを設置したんだ。
彼女は25歳で、佐々木希似の超可愛い自慢の彼女だった。
肌は透き通るように白く、乳首もアソコの色素も超薄くてピンク色。
お尻も引き締まってツンと吊り上がってて、脚も長くて綺麗で本当に芸能人レベルの容姿だった。
性格も大人しく、清純で浮気するなんて信じられなかったけど、明らかに行動・言動がおかしい感じがした。
俺も常軌を逸してたと思うけど、そういう行動をしてしまったんだ。
カメラを設置して1週間後にカメラを回収したんだけど、どうやら気づかれてないようだった。
家に帰って再生した時は、今までの人生で最高に緊張したな。
もちろん彼女以外は何も映っていないでくれって祈っていたんだけど、願いは打ち砕かれたよ。
3日目の夜に彼女の部屋に男が入ってきたんだ、見るからに柄の悪いイカツイ男だった。
どうして彼女がこんな男と知り合ったのか理解出来なかったけど、とにかく現実なんだからしょうがない。
男は入ってくるなり彼女の口を奪って、ドロッドロのディープキスをしたんだ。
彼女も抵抗する事もなく受け入れていた。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月9日 | エロい告白体験談カテゴリー:お口の体験談

【レイプ】トレーニングマシン 【無理矢理】

トレーニングマシン
「あぁ、鎌田さん。今日はゴメンナサイね。朝早くからこんなこと頼んじゃって・・・」
いつものトレーナーが頭に手を置き、ペコッと頭を下げる。
「いえ・・・、こちらこそお世話になっています。気にしないでください」
そんな低姿勢のトレーナーに、笑顔で応える未央。

「こちらが撮影に協力してくださる方ですか?」
声のする方を見ると、見た事の無い男性が入り口から入ってくる姿が見えた。
「あ、中村さん。こちらが協力してくださる鎌田未央さんです」
トレーナーの紹介を受け、未央の前へと歩を進める中村と呼ばれた男。
未央の前まで来ると、手をすっと差し出し握手を求める。

「始めまして、鎌田さん。中村です。このジムとは縁がありまして・・・。私も出演を頼まれたんです」
ニコッとさわやかに笑いながら差し出す手に、未央も思わずつられ、笑顔で手を差し出す。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年5月9日 | エロい告白体験談カテゴリー:レイプの体験談

【人妻】あの人のもの【不倫】

あなたごめんなさい。
私はもう戻ることが出来ない深みにはまってしまいました。
優しいあなたと、命より大切な子供に囲まれて幸せいっぱいの暮らし
だったのに。
みんなに尊敬される大学教授のあなたと、真面目だけが取り柄の高校
教師の私。そんなつつましい生活だったのに。
あなたを裏切ってしまって本当にごめんなさい。
 相手は去年の同窓会で酔った私を家まで送ってきてくれた私の同僚
のK先生です。
酔って私に触れようとしてあなたと口論になり、捨てぜりふを言って
帰っていったあのKです。
そのKの罠にはまってしまいました。私の身体はもうあなたの下には
戻れない身体になってしまったんです。
初めは力ずくでした。これだけは信じてください。力ずくで犯された
んです。学校の自然教室の引率で行った蔵王のホテルで、

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年4月23日 | エロい告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【不倫】ゆきずりH【浮気】

彼は何度か私の中を掻き回し、その都度私が彼の指を口できれいにした。
そんなことを繰り返すうち、ふと彼がいいことを思いついたといった感じで、こう言い出しました。
「何も僕が手伝うことなかったんだよなあ。◯◯、自分で出来るでしょ?」
私は耳を疑いましたが、彼はうんうんと頷きながら、「自分のまんこは自分できれいにしなくっちゃ。僕がやったのと同じことしてごらん」と続けました。
私に彼の目の前でオナニーしろと言うに等しい発言でした。
いえ、彼は私にオナニーしてみせろと言ったのです。
「そうだなあ、クリトリスのあたりも汚れてるみたいだから、指できれいにこすってみようか?」と、彼は私にオナニー命令をしてきました。
私がそれは出来ないと言うと、「あんなに乱れて何度も逝ったのに今さら何を恥ずかしがってるの」と痛いところをついてきました。
確かに私は、もう何度も彼の前で恥を晒しています。
彼はきっと今日一日で、すべての性的衝動を満たそうとしてる。
そして私は、それに上手く乗せられた。
そんな当たり前のことにその時気づきました。
でも手遅れ、ならばなるようになれと、ちょっと自暴自棄な思考がわいてきました。
もはや女でもなく彼は私をメス犬扱いするけど、なら私はメス犬になり切ればいい。
お互い、日頃の不満をぶちまけに来た。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2014年4月23日 | エロい告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【人妻】犯された母に興奮【不倫】

隣室からの話し声に突然目が覚めて、母の部屋を障子の隙間から覗くと、枕元の明かりに照らされて、後ろ向きで上半身裸の男性が、布団に仰向きで寝ている母を押さえ付け、着ている浴衣を無理に脱がそうとしているところでした。
「イヤッ、だめです、お願いやめて下さい」
母はかなり抵抗していましたが、やがて浴衣の帯を解かれると、一気に上半身から浴衣を剥ぎ取られてしまいました。
浴衣の下はノーブラだったため、乳房はブルンと剥き出しとなり、下半身は白のビキニショーツのみで、股間にはうっすらと陰毛のシルエットが見て取れるような下着姿でした。
恥ずかしさから必死に乳房を覆い隠し、起き上がってその場を逃れようとしたのですが、男性に腕を掴まれて引き寄せられると、布団のうえに再度押し倒されました。
「イヤ、イヤ、だめ、お願い許して」
男性は母の身体を押さえ付け、下半身に残されたショーツに手を掛けて剥ぎ取ると、一糸まとわぬ全裸姿にしてしまいました。
私は思わず「お願いやめて下さい」と言い出そうとしましたが、驚きのあまり声を出せず、自分の口を塞いでしまいました。
母の身体はふっくらと盛り上った乳房、くびれたウエスト、やや濃い目の陰毛に被われた性器をあらわにされて、必死に恥ずかしさに耐えている母の全裸姿を見つめていました。 39歳になる母ですが5年前に父を亡くして、娘の私から見ても女盛りの魅力ある女性で、男性は父の実兄にあたる人です。
50歳位になる伯父は未だ独身だそうで、父が亡くなってからはしばしば母に言い寄っては、その都度母を誘惑していました。
私は今年19歳を迎える母の一人娘です。キスの経験は数回ありますが、セックスの経験は未だありません。 「ダメッ、となりに娘が寝ているから、イヤッ、お願いだからやめて」
伯父は母の身体に覆い被さり抱きしめると、男と女すなわち伯父と母が性の快楽を求め合うセックスが始まりました。
初めて見る生々しい光景に、私は興奮を押さえられず必死に息を殺して、セックスの一部始終を覗き見ることになりました。
伯父はトランクスを脱ぎ捨て全裸になると、股間の陰毛に被われたペニスは大きく勃起して、そそり立つペニスを母の手に握らせると、
「いいか、これを入れるからな、すっかりご無沙汰だろう、可愛がってやるから」

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年4月20日 | エロい告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】清楚な妻 由香2【裏切り】

妻(由香)は現在32才ピアノ教師をしています、私(拓也)は44才、会社経営をしています。
妻との出会いは、由香が18才(当時国立音大1年生)の時、私が30才の時、高級ホテルの中にある、会員制ジムで出会いました、美人で見ためからにして頭の良さそうで、お上品なタイプでした。
体型は、引き締まったヒップ、そしてくびれたウェスト、肌は白く、スリムなボデイです。
その時、私は結婚していましたが、一目惚れしてしまいました。
同い年なら絶対、声もかけられないですが、この年になると、恥ずかしさもなく声をかけ。会話もするようになりました。
国立の音大生のお嬢様だとわかりました。
由香の日々の行動を観察して、由香がよく行くCDショップで偶然出会ったよ うに。
ある日「こんにちは、偶然だね」と声をかけ
「私の知り合の子供さんにピアノを教えてあげてもらえないかな」と
そんな口実で、由香の携帯番号とアドレを聞くことに成功しました。
最初は頻繁にメールをして、由香のことがだんだん解ってきました。
いままで大学受験で彼氏も作る暇がなく、それに、超恥ずかしがり屋さんなので男性と話をするだけで緊張してしまい、彼氏どころか男友達もいないかったことを話してくれた。
それから、二人で、食事に出かけたりするようになりました。
でも、メールとか電話の時と違って、会うときはいつも恥ずかしそうにしてます、でもその姿がまた可愛いくてたまりません。
それからは、紳士を装う作戦にしました。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月18日 | エロい告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【泣ける】変態紳士【非エロ】

<>203名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/06/22(月)21:35:47ID:dtb0lsjIO<>

<>446:やど無しさん@予約いっぱい:2009/06/22(月)00:09:04ID:xGeGB93g0<>
男性向けの話です

私も使ったことのある〇〇の某ホテル
ここの特定の部屋に女性の霊が出るそうです
それも男性の一人客のみ
彼女は金縛りで動けない男性の隣にもぐりこみ、そして・・・・
コトが終った後のアソコは氷みたいに冷たくなっており、男性は2〜3日高熱が出るそうです
しかし彼女は好みが激しいらしく、タイプの男性でないと現れないとのこと

駅に近くて便利で〇〇では絶対このホテルなのですが、当方女のため、実証見聞できません

<>447:宿無しさん@予約いっぱい:2009/06/22(月)00:13:55ID:054K9gBv0<>

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||

2014年4月18日 | エロい告白体験談カテゴリー:泣ける体験談

【寝取られ】あやこ【裏切り】

2001年夏

俺の彼女は21歳で俺は24。
俺が18の時からの付き合いだからもう6年以上付き合ってます。
彼女はまあ、ものすごく可愛いわけではないんだけど、
性格がおとなしくて背が小さく、
胸が大きいんで、それなりに男には言い寄られるほうです。
例えばある集団に入ると
一人か二人には告白されるって言う感じの。
俺は浮気するほうじゃないし、
彼女も大人しいタイプなので、まあうまくいってたんですよ。
俺が結構嫉妬深かったのもよかったのかもしれない。
それで彼女が大阪の大学に受かったんで一人暮らしを始めたんです。
18の時ですね。俺が神奈川、彼女が大阪の遠距離恋愛です。
まあ、2人が仲良くいるためのルール

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2014年4月17日 | エロい告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫】彼氏とのSEXよりも感じるセフレ【浮気】

高校のときのセフレ?と偶然再会。
当時のカレシの友達。

カレシが巨根で何度チャレンジしても上手く挿入できないのを、カレシがセフに相談。
セフの口車に乗せられ、体を委ねることになった。

挿入は無かったが、回数を重ね、指や舌でイクことを教えてくれた。
セフの技術だと何度も上り詰められたのに、
結局カレとシのHは奥まで1回挿入したきりで、全然良くなくてウンザリだった。

いまだに、服の上からの前戯が好きだったり、
言葉責めに興奮したり、お尻をピシッとされるのが好きなのはセフのせい。
キスしながら乳首つままれただけでイッたこともあった。

セフには10歳上の彼女がいたし、カレシに悪いから、とフェラと挿入はなかった。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||

2014年4月17日 | エロい告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【レイプ】言いなり奴隷にされてます・続き2 【無理矢理】

元先輩

<6>

「スカートの下はノーパンだなんて…〇〇はるか(〇〇ははるかの名字です、これからは仮に七井とします)は学校に来るのに何を考えているんだ?」
体育教師であり生活指導のC先生ははるかを体育館の倉庫に連れ込むとはるかのスカートを指で摘み上げ下からはるかのスカートの中をじろじろと覗き込み「七井はるかがこんないやらしい生徒だったとはな…まじめそうな顔して…これは徹底的に身体検査の必要があるな」そう言ってはるかのスカートの中に潜り込みはるかの足に頬擦りしたりべたべたと触ったり舐めたりするのでした。「そんな…どうして…先生…やめてください…」「どうしてだと?それはこっちが聞くことだ!学校は勉強しにくるところだぞ!それを君はノーパンで学校に来やがって!…まさか優等生の七井がこんな変態だとはな!…それこそどうしてか答えてもらうぞ!」C先生ははるかの陰毛を強く引っ張り反対の手でははるかのお尻を撫でながらはるかのスカートの中で怒りました。「それは…」はるかは命令されてるから…はるかはいやらしいビデオや写真をたくさん撮られ無理やり言うこときかされてるから…はるかは三人の男の子(一人は成人男子ですが)のえっち奴隷だから…脳裏には浮かんだのですが恥ずかしくて口には出せませんでした。

はるかはB君にスカートを二つ下ろされた後学校へ向かいました。でもはるかはノーパンのまま学校へと向かってしまったのです。B君が行ってしまってからでも(B君ははるかと違う学校です)公衆トイレに戻り鞄に忍ばせておいたパンティを履くことは可能なはずでしたが、はるかは敢えて履かなかったのです。B君にスカートを2段下ろされ(それでもふだんの丈より短めなのですが)どこかはるかは心の奥底でがっかりしてしまっていたのでしょうか。はるかは自分から見た目からはそう分からないとはいえ恥ずかしい格好を選んでしまっていました。…だってノーパンで一日過ごせ…って命令だもの…はるかは自分にそう言い聞かせていました。そしとそれが今こんなことになっている原因なのかと思うと…恥ずかしくてやりきれない気持ちでした。

学校に着いたはるかはC先生に校門でスカートの短さを指摘され、舐めるように脚を、特に太股の辺りをじろじろ見られた後、そのままC先生にもう少しよく分かるように注意をするから来い、と言われ体育館に呼び出されました。そしてその丈ではお辞儀をした時にパンティが見えてしまいそうだからチェックしてやると言い、はるかにお尻を向けさせ深くお辞儀させたのです。はるかはスカートの中身がばれてしまうのではないかとひやひやしていました。そして悪い予感は的中したのです。普通に後ろから見るだけならそうは分からない丈でしたがなんとC先生はしゃがんではるかのお尻を観察していたのです。

そうしてノーパンがばれたはるかはC先生に徹底強制身体検査されることになってしまったのです。もちろんはるかは嫌がり、逃げようとしましたがすぐに捕まり体育館にある縄跳びで両手を上にされ縛られマットの上に押し倒されてしまいました。

「いや…」

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年4月16日 | エロい告白体験談カテゴリー:レイプの体験談

このページの先頭へ