最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【フェラ】イケメン大学生を指で射精させて遊んでいたら…【クンニ】

どうしても息子を一流の私立高校に入れたいために雇った家庭教師だったんです。でも、大学生のアルバイトにしては高額の報酬を支払っているはずなのに、息子の成績は今ひとつパッとしません。「もっとしっかり頑張らせてよ・・・。ギャラが不足だと言うんなら、考えてもいいのよ・・・」子供がいない昼間、三浦くんを呼び出して言うと、彼は申しわけなさそうな顔をして頭を下げたんです。「教える方の熱意というより、子供の成績は当人の素質と、熱意ですから・・・」「そんなことはわかっているわよ・・・。その熱意を開発してほしくて、あなたを雇っているんじゃないの・・・。お金だけでは不足と思うなら、別の形での報酬を考えてもいいのよ・・・・・・」思わせぶりにそんなことを言うと、あたしはソファから立ち上がり、ジーンズに包まれた三浦クンの脚に手を伸ばして、そっと触ってやったんです。「ああっ、奥さん、何をするんですか~~」応接用のソファの上で身をそらしかかった三浦クンは、勢いあまってソファの上に仰向けに転がってしまったんです。「快楽で報酬を支払ってあげようというのよ。三浦先生、オチンチンを女の口で責められたことはないでしょ~」「あっ、ああっ、奥さん、何をするんですか・・・」体を震わせる三浦タンのジーパンに指をかけると、ズルズルと引きずり下ろしてやります。 白いブリーフに指をかけると、脹らみの上に唇を押し付け、肉茎の形にそってキスをしてやりました。「どう、パンツの上からのフェラチオ、パンフェラと言って意外に感じるものなの・・・」舌で陰茎の形をなぞるようにして、亀頭から肉棒の根元まで吸い上げるようにもてあそんでやると、わたしの唇の中でだんだんにそれが大きく固くなってくるんです。「ああ、た、たしかに気持ちがいいですが・・・」三浦タン大学では陸上競技と水泳をやっているというだけあって、いい体をしています。押さえ込むように肉体を押さえて、ブリーフを下げると、肉棒がそそり立ちます。「大きいじゃないの・・・」「見ないでください。恥ずかしいから、ぼくのオチンチン、見ないで・・・」言いながら股間を隠そうとする三浦タンの手をどけさせて、生身の肉棒を握ってあげます。「逞しいわ・・・・・・。やっぱり若いって素晴らしいことだわ・・・」わたしは三浦タンの肉棒をしごきながら、先端にキスをしてやります。「ああっ・・・」「女を知らないのね・・・。まだ、セックスをしたことがないのね・・・」わたしは三浦タンの肉棒を夢中でしごきます。「あっ、ああっ、奥さん・・・」「オチンチンも素敵だけど、ソノ下にダラリと下がったモノもかわいいわ。ここは何という場所~」わたしは玉が二つ入った袋をマッサージするようにもんでやります。すると、三浦タンはそれだけでたまらない気持ちになるのか、下半身を震わせながら肉筒の先端から熱い透明な液体を噴出させるのです。「あうっ、恥ずかしい・・・」「ここの名前は何というのかしら。教えてくれる~?」「ああ、言えないよ、奥さん・・・・・・」「うふっ、女の子みたいに恥ずかしがらないでよ。可笑しいわ。言わないとこれ以上、やってあげないわよ・・・」「あ、あうっ!」「さあ、このダランと垂れ下がった器官の名前を言って!」「ああ、キンタマだよ!」「そんな小さな声では、ちっとも聞こえないわよ。もっとはっきり言ってごらんなさい」「ああ、キンタマ!あうっ、奥さんが・・・触っているのはキンタマだよ!」「声が小さいわ!」「ああ、これ以上は無理だよ。だって恥ずかしいんだもの・・・」「言わないと、もう指を離すわよ。いいわね」「ああ、そんな意地悪をしないで、言うよ。ああ言うから~勘弁して・・・」三浦タンは声を振り絞って、いやらしい場所の名前を何度も口にしながら、肉筒の先端から熱い噴射液を吹き出しました。
こうやって、息子が小学生の時から、次々とやってくる家庭教師をつまみ食いしているわたしなのです。肉棒の先端から熱いザーメンが噴出する瞬間が大好きで、その瞬間のために家庭教師を次々と変えているわたしなのです。三浦タンの前は坂井クン。その前は九州男児の野口タン・・・。野口タンの時は、彼の方も性欲が強くて、遊びのつもりだったのに、夢中にさせられてしまいました。国立大学の優等生の雪村タンはどうやらホモちゃんらしく、わたしの愛撫にはうれしそうな顔をしませんでしたが、息子にも手を出さなかったようなのでホッとしました。三浦タン、しばらくはわたしの指で射出するだけで満足していましたが、そのうち、昼間に電話してきて、指でやる快感以上のものを求めるようになって来ました。「したいんです、奥さんと・・・」わたしの家をたずねてきた彼が、いきなりわたしをソファに押し倒しました。「あっ、やめて・・・」「火をつけたのは、奥さんの方ですよ。さんざんじらして、ぼくの体を弄んだじゃないですか!」わたしのスカートの中に彼は手を入れてきました。突然の訪問だから、わたしは、スカートの中にショーツをつけていませんでした。ノーパンの秘部を無骨な指でグリグリといじくりながら、彼は喉を鳴らしてわたしのアソコにキスをしました。「ああ、そこ摘ままないで・・・」「じゃあ、こうすればいいんですか~」「おまんこに指を入れちゃイヤ」「どうすればいいんです・・・・・・めんどうだからー、オチンチン入れますよ・・・」そう言うと三浦くんはわたしのアノ部分に、そそり立った肉棒の先端を押し当てたのです。「ああっ!」「ほしかったんでしょう、奥さん。ここにぼくのオチンチンを入れてもらいたかったでしょうが」決めつけるように言いながら、三浦くんはわたしの唾の中に、巨大な肉のこわばりを押し込んできたのです。「ああっ、こんなに大きなの入れたら、こ、壊れちゃう!」「子供を生んだ体でしょう!これくらいのものを入れられたくらいで、そんなことを言っちゃいけませんよ!」銀色の汗を日焼けした体に浮かべて、彼は機関車のように力強く律動を開始したのです。「ああ、たしかにそうだけど、あなたのものは時別、大きいから・・・」「大きいから感じるんじゃありませんか・・・。ムキムキと音をたててオチンチン入るとき、すごく感じるでしょ~」そう言いながら三浦くんは腰を激しく動かします。「あ、ああっ、イクっ!!」とうとう、わたしは三浦タンを雇っていたことさえ忘れ、よがり狂っいました。

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||

2017年12月26日 | エロい告白体験談カテゴリー:お口の体験談

【教師】童貞だった俺に性教育までしてくれた家庭教師の話【教え子】

エロい告白体験談検索用タグ

||||

2016年5月20日 | エロい告白体験談カテゴリー:教師と教え子の体験談 痴女の体験談

【寝取られ】嫁を高校生の甥っ子とセックスさせてみた 続11編【裏切り】

前編は以下のとおり

その後、まったりと抱きあってるとき嫁から意外な相談をうけた。

「あのね…翔太くんがね…もう○○さんとセックスしないで
って言ってるんだけど…」
「ええ~!?あいつ、そんなことを…気持ちはわからなくは無いけど…」

「うん…私たちに付き合わせちゃって…あの子けっこう傷ついてるのかな?」
「う~ん…本気で涼子のこと好きになってるみたいなの…?」

「うん、たぶん…どうしよっか…?」
翔太と嫁のエッチをする場面に俺がいることも翔太は不満を感じているらしい。

やはり自分だけを見ていて欲しいと思ってるみたい。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||

2016年3月1日 | エロい告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】熟【セフレ】

熟女大好き21歳です。
 僕の初体験は、中学2年の夏、家庭教師をやとっていて夏休み先生の家に泊まりこみの合宿に行ったときです。
 その日は、旦那さんと子供は実家に帰っていたらしく家には先生と僕の二人きりでした。先生は当時53歳で体はポッチャリしたおばさん体系。勉強部屋にはなぜか少し伸びかかっているTバックが外が晴れているのに家の中に5、6枚ほしていました。
 まだ勉強が始まって1時間しかたってないのに《その時まだ午後2時》「あせかいたでしょ。?お風呂にしょう。さきに入ってきなさい」といわれお風呂にはいりにいきました。
 脱衣所で服を脱いでいると目の前にめだっようにパンツが置いてあり、まだ中学2年だったぼくは、興味心身で手に取るとまだ温かみがありよく見るとぐしょ・ぐしょにぬれていました。
 ぼくが風呂に入る10分前に先生は僕に課題をやらせ脱衣所のほうでこそこそと何かをしていました。
 僕は、パンツの匂いをかいだり濡れている部分を少しなめたりして興奮して風呂に入って勉強部屋に帰ると先生が全裸でいて「先生暑いの苦手で脱いじゃつた。」と言い、ぼくは何がなんだか頭の中真っ白で興奮して勃起してジーパンを破りそうな感じでした。
 すると先生が、「やらしいわね。そんな所大きくしちゃって。」 と言い。僕の勃起した性器を触り始めました。
「服ぬいじゃおおか。」と僕の服を脱がし始めて、性器を口の中に入れて、「おいしいわ。ぴんぴんしているわね。はずかしい?。こういうの初めて?」
 僕が、はいと言うと、「じゃあ〜先生がいろいろ教えてあげるわね。」と言い机の上にのり大股を開いて「これも大切な勉強だから。」と言い、先生が自分の性器を指して説明を始め、「ここに指を入れてごらんなさい。」
 すでにぐしょぐしょのあそこに指を入れると、「そうそう、きもちいわよ。もっと激しく。」と大きな声を上げ始めました。
 そして全身、足の裏から顔をなめられ、僕も全身なめました。
 その後上に乗られた。なかだししちゃいました。
 その次は正常位で2発目なかだしでいき、その日は12、3発いっちゃいました。
 がしゅくの3日間勉強をいつさいせず。服も着ないで、3日間中ずっとSEXずけでおわりました。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||

2015年11月16日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】家庭教師の悪夢【セフレ】

私も告白します。
わたしが、セックスをはじめて経験したのは、大学1年生(19歳)のときでした。
わたしは、小学校時代から、まじめですこしおとなしい性格でしたから、男の人とデートしたこともありませんでした。 もちろん中学校時代、クラスでセックスをしていた子もたくさんいましたし、セックスのやり方も知っていましたが、なぜかしら、そんなことをするのはいけないことだ、破廉恥なことだとおもっていました。

ところがです。以下私の初体験を聞いてください。 大学1年の夏、私は、家庭教師のアルバイト先で、あまり熱心に勉強にとりくまない中学3年の男子生徒を教えていたとき、すぐに「先生、もう終わろうよ。」と言い出すのです。 私が、「この問題がとき終わったら、なんでも言うこときくから」と言ったとき、彼は急に真剣にやり始めたのです。ほとんどはその子の実力では、ちょっと解くのが難しいかなという程度の問題だったのですが、たまたまうまく解くことができたときがありました。

わたしは、「よくできたから今日はここで終わろうか。」というとその子は、「先生なんでも言うこと聞くっていったよね。」「今度来るとノーブラで来て」といいました。 当然、私は、冗談かと思い聞き流して、次回もそのままいつもの服で教えに行きましたが、そのとき、男の子が、私の胸の付近を執拗にもじろじろ見ていました。その時、私は初めて、先週男の子が言ったことがまじめに言ったことであることに気がつきました。

2時間の指導時間のうち、最初の1時間は、普通に教えました。その時も、視線が私の胸にいっていたのを覚えています。当然、勉強のやる気などみじんも見当たりません。仕方なく、わたしは、休憩時間のとき、トイレでブラをはずし、再び1時間指導することになりました。 男の子は、はじめは特に何も口には出しませんでしたが、以前にもまして、私の胸を覗き込むように見ていることが多くなりました。そのとき、私の「あそこ」が急に濡れてくるのを感じました。1時間が終わりのころには、パンティがびっしょりでした。

ようやく勉強がおわり、最後の雑談のとき、私は、「先生、君が言ったとおり、ノーブラできたよ。」というとその子は、恥ずかしそうに、「触らせてください。」といいました。
私の心臓もどきどきの状態でした。なにせ、今まで男の人と手をつないだこともないのに、胸を触られるんです。 ちなみに、私は、Dカップだったので見せても、触られても、はずかしいサイズではありませんでしたが。でも、なぜか、私は「いいよ。」と軽く返事をしてしまったのです。 たぶん「年上の女」としての強がりだったんだと思います。
はじめは、服の上から胸をもまれ、その後タンクトップのシャツの中に手を突っ込まれて激しく胸をもまれました。何も抵抗はしませんでした。手が乳首に触れるたびに、エッチな気分になっていく私と、はやく、女の人の「あそこ」が見たい中学3年生でした。

男の子は私の裸を「見たい。」と言いました。たぶん自分からショーツをおろして全裸になったと思います。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2015年11月13日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】家庭教師で教え子と【セフレ】

私は大学院生で、中高生相手の家庭教師のアルバイトをしています。
今日お話ししたいのは、高校受験を控えた中学生との事です。
夏休みを迎えた受験生は、遊びに行く事も惜しみ勉強をします。
もちろん家族旅行にも参加する事無く・・。
ある日、携帯にN君の母親から連絡がきました。
「実は来週のお勉強なんですが、家族旅行に行くことになりまして・・・」
「あ、そうですか。ではまた日を改めて伺いますので・・・」
と言い終わらないうちに
「いえいえ、息子は大事な時期なので一人で残るって言うんです。お願いできますでしょうか」
「あ・・分かりました。ではお気をつけて行ってらしてください。」
そうかぁ、誰も居ないのか。
お邪魔するのなんか気が引けるなぁ・・でも仕事だし仕方ないかぁ。
と、思い翌週N君のおうちへ伺いました。
「誰も居ないけど、勉強するにはこの方が静かでいいや」
「そうだね、じゃ、集中してやっちゃおう!」・・・・・・

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||

2015年11月6日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】家庭教師をしていた教え子に犯された!Vol.2【セフレ】

2008年10月18日(土)
こんにちは、尾名ルカです。
この前の続きですが、私は家庭教師をしている教え子の健児君のおもちゃにされていました。
私自身も最初はレイプ同前にされたにも関わらず、今では健児君の家に行ったと同時に全裸にされて、前戯も無しに入れられてもイキまくってしまう女になってしまいました。
いつも前戯もされてないくせにアソコはいつもビショビショで、それを言葉で責められると、もっと濡れてしまいました。
そんな関係がしばらく続くと、たまに健児君が「ハメ撮り写真撮らせろ!」と言ってくる時がありました。
もちろん私は恥ずかしいので、「無理よ、それはダメ!」と言ったのですが、「じゃあ、もう家くんな、今日で終わりな!」と言われてしまうと断れなくて、何枚か写真を撮らせた事がありました。
写真の内容は、裸で両足を広げて自分の手でアソコを広げている写真や、中に出したあとの精液が出てくる写真、あとは入れている最中に私がイっている写真などです。
撮らせたあとは後悔しましたが、結局断れないので泣き寝入りしかありませんでした。
そして、そんな写真の事は忘れかけていたある日、もう一人の教え子の靖史君の所へ行きました。
靖史君はいつもよりもさらに静かで元気が有りませんでした。
私は気にせずに勉強を始めようとすると、靖史君が話しはじめました。
靖史:「先生、ちょっとコレ見て欲しいんだけど・・・」
ルカ:「ん?何何?」
私は一瞬心臓が止まるかと思いました。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2015年10月18日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】家庭教師をしていた教え子に犯された!Vol.1【セフレ】

こんにちは、尾名ルカと言います。
まずは私の紹介ですが、私は昔から優等生グループだったので、性格はすごく大人しくて、見た目も地味な方です。
顔はアナウンサーの「中野○奈子」さんに似ていると言われます。
胸が小さいのがコンプレックスですが、乳首の感度がすごくイイらしくて、乳首だけでイクことが出来ます。
小学校の頃からオ○ニーをしていたんですけど、知識も無くて友達にも絶対聞けなかったので、かなりの間オ○ニーは乳首でするものだと思っていました。
学生時代はずーーーっと真面目だった私は、友達にも当時の彼氏にも言えない変態的なところがありました。
私は男の子と話すのも出来ない恥ずかしがり屋なくせに、人に体を見られたり、外でエッチな事をするのに異常な興奮を覚えます。
でも自分からは絶対に言えないので、付合った男性が変態だと、本心はメチャクチャ嬉しいです!
そんな私が学生の頃にアルバイトで家庭教師をしていた時のお話です。
当時私は大学生でしたが、真面目に通っていた事もあり、単位も足りていたので最後の一年はほとんどアルバイトをしていました。
就職活動も早めに終わったので、海外旅行へ行く為のお金を稼ぐ目的で、時給の高い家庭教師をしていました。
教え子は二人いて、二人とも高校二年生の男の子でした。
後々分かったのですが、二人は高校が同じで、一人の男の子は、「健児君」と言って、かっこイイ感じでは無くて、がっちりした体に坊主頭で色黒、柔道部にいる感じの男の子でした。
そしてもう一人は「靖史君」と言って、こちらもイケメン風ではなくて、オタク系の男の子でした。
私は当時彼氏もいたので、新しい出合いを期待していた訳ではありませんが、出来ればかっこイイといいな!とは思っていました。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2015年10月17日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【近親相姦】家庭教師の奥さんとセックスした【禁断の愛】

以前、家庭教師(女子高校生3年)の奥さん(40歳台)とセックスした

都内に教え子が受験に来た。
「心配だから宿泊代と交通費などを出すので先生もきてください」、
とのことで

「以前から先生が熱心に指導してくれて
あの娘も成績が上がり感謝しています。
下に(ホテル)部屋を予約してますので」
と言われて

朝9~14時までと疲れた娘が寝ていた18~22時までの
2回戦こなして7回ほど失神させた。

「主人とは比べられないほどよかった。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||

2015年10月9日 | エロい告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【友達】潔癖症【セフレ】

私は今まで男の人と 長くつき合ったことがなく、
今では男 友だちからも敬遠されていて、 女友だちも私は男嫌いだと思っています。
すごくガードが堅く勉強ばかりしているように思われているのです。
中学とか高校、大学と新たな世界では、友だちの中で私がまず男の人から 声をかけ
られる。でも、私は潔癖症というか少しでも男の人の不潔なことを 見つけると、も
うダメになるの。息や体のくささは勿論、男くささだけでも嫌になってしまう。
こんな私も、去年国立大学に現役で合格して、去年の春から中一の男の子(今は中2)
の家庭教師を始めたの。高3の時は全国模試・英語で名前が載ったこともあるの。
その中1の子は今までつき合った男の人(でも1ヶ月も続いたことないの)とは違って
女の子のように可愛い子だという印象があったのに、やっぱり 男の子は男の子だったの。
6月ごろ、素足にタイトのミニで彼の机の横に椅子を並べて、 勉強を教えている時に、
その子に問題の与えて待っている時に、ほんの少しうとうとしてしまったの。
ほんの少しの時間だと思う。ふと目が覚めると、その子がね、机の下に潜り込んで、絨
毯にはいつくばる ような恰好で、少し開いた私のスカートの中をのぞき込んでいたの。
その子の露骨な姿を見たとき、体に電気が走ると言うか、ジーンとしびれるようになって

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||

2015年9月17日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談
1 / 4012345...102030...最後 »

このページの先頭へ