最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【人妻】「痴行媾悦①‥花火ⅠⅡ」【不倫】

『旅情:花火Ⅰ』
 いくら夫婦でも 勤めもあれば家事もありますから、いつもSexのことを考えているわけではありません。家での日常生活には 一応の手順もありますから、寝る時間になって 床に就いても、一方がその気になり 誘われて相手が応じても、多少の触れ合う時間があって お互いに濡れてくると云うことになります。いわゆる 前戯が必要になる訳です。
しかし旅行のときは 私が改めて念を押さなくても 女房は自然に月のものは避けるし、お互いに昼の内から 夜の触れ合いが頭の端にあって、いつか 期待が頭一杯に膨らんできます。そういう思いでの中でも 特に夢のように美しく印象的だったのは、熟年になってから女房と行った 北海道の洞爺湖の夜でした。
 私が 秋も10月に入ってからに札幌に仕事があり、女房も 久しぶりに北海道に行きたいと言い出しました。一緒に札幌まで行き 私はそのまま札幌で仕事をし、女房は一足先に洞爺湖のホテルに先行します。泊まりを洞爺湖にしたのは 温泉だけなら定山渓でも良かったのですが、新婚旅行以来の洞爺湖が見たかったのと 夜のイベントに10月末まで花火が見られると云うことがありました。私が夕方6時過ぎにホテルに入り 予約した最上階の部屋番号を確かめて、ドアを ノックします。「ハイ…」と声がして ドア・チェンをしたままドアが少し空き、私と確認すると 一度ドアを閉め、「お帰りなさい!」と 改めて ドアが開きます。女房は既に一風呂浴びたらしく ホテルの浴衣に半纏を引っ掛けています。髪を洗ったらしく まだ乾き切っていないのが、妙に 色っぽく見えます。
 今のように 自宅外で「お帰りなさい」と云われると、(よく2号さんが云うとは 聞きますが)「密室の 男と女」が意識され 妙に嬉しくソソラれるのが男心です。私は今朝別れたばかりなのに 何だか懐かしさで一杯になって、後ろ手にドアの錠を掛けるや 女房の肩を抱き締めて唇を寄せます。女房は家だと 同じように背中へ手を回して来て抱き合うのですが、今日は私に抱かれたまま 両手を前に回して私のペニスとタマをギュツと握って来ます。(「お帰りなさい」の後が これか…、ヤル気 満々だナ!)私は我慢できず 舌を絡め、そのまま女房をベッドに連れて行き押し倒し 着物の裾を掻き分けて股を探ると、女房ももう 外陰の辺りまでヌルヌルになっています。私のペニスも もうピンピンに勃ち切り脈打ちます。唇を合わせたまま 着ているものを脱ぎ捨て、女房に乗り掛かろうとすると 「ネェ… 一風呂浴びて来ない?」と云います。女房のキレイ好きは知っていますので そうしようかと思いましたが、何せペニスが勃起し反り返って 外風呂に行ける情況ではありません。「シャワーでも 良いい?…」と云うと 「私が 洗って上げるわ」と云います。
 マル裸になり風呂場に行って ペニスを反り返らせたままタオルに石鹸を泡立てていると、女房も裸になって 入って来ます。黙ってタオルを渡し 仁王立ちになっていると、背中から尻 胸からお腹そして腿から足とタオルで洗い流し、最後にタオルを桶に置いて 素手でペニスからタマそして尻の穴まで、あの優しい細い指先で洗い上げ 一度シャワーで石鹸を流すと、仕上げのように ペニスのシゴキに掛かります。左手で造った手の筒で棹をシゴキながら その人差し指と親指の輪で、チョイチョイと雁首の処を引っ掛けるのが堪りません。その内 ペニスの先にヌルが出始めたと見るや、左手の刺激を続けながら 右手の掌をグランス(亀頭)に当て、ヌルをそこへ塗り回すように 撫で始めます。その良い気持ちのような 頼りなくやるせ無いような快感に腰が抜けそうになって、思わず女房に抱きつき口を吸って 女房の陰部に手をやり、オマメからヴァギナの辺りを コスリ立ててしまいます。
 女房もそこで結構ヨクなったらしく 腰がヘタリ掛けますが、辛うじて 「ベッドで 行かない?」と云います。私もその気になり ざっと大きなタオルで水気を拭うと、それを女房に渡して一足先にベッドに行きます。裸で大の字になると ペニスはもう上向きに勃ち切って青筋を立てて肚にくっついて、ピクンピクンと 脈打っています。そこへシオらしく 前をタオルで覆って女房が来るので、そのタオルをむしり取ると 女房は私の上にドタッと覆い被さって来ます。夢中で舌を絡め腿を深く挟み合って スリスリし合っているともう頭が白くなります。気が付くと女房も 私のペニスの裏側の付け根に、陰毛からオマメの辺りを擦り付け グイグイと腰を使っています。その内 「ハァ…」と 突っ張るような気配がして女房の動きが止まります。グッと抱き締めてやり 少しして「イッちゃった の?…」と囁くと、蚊の鳴くような声で「ゴメン…」と云います。女房の身体を 下にしてやり、「入って良い?…」「ウン…」で 挿入しようとしますが、もうお互いに陰部はヌルヌルなので 一度拭くことにします。
 私はティッシュを取り 自分の棹からタマ周辺を拭いた後、グッタリしている女房の股をM字に開けさせ ヌルヌルの陰毛からオマメ、大陰唇小陰唇から 会陰部肛門までスッカリ拭き取り、最後に 中指をそっとヴァギナに差し込んで、ズルズルになった中の粘液を掻き出します。この頃は お互いに濡れ方が激しいので、始めの頃と違って 少し濡れ方が足りないくらいで挿入しないと、ズルズルで 快感が少ないのです。女房もそれが判っていますから 黙って私に身体を任せて呉れています。今度は私が上になり 敢えて股を開かせずに、閉じたままの両足の間に ヌメリ気の少ないペニスを押し込んでやります。なかなか入りませんが 女房も腰を使ったりせず眼をつむっています。やや「侵してヤルゥ!」みたいなS的気分で 狙いを定め、思い切ってグイと突いて遣ると ペニスがブスッとヴァギナに突き立ちます。女房も 何やら「侵される」ようなM的な快感があるらしく、途端に 「アッ…」と身体を反らせます。そこで静かにユックリと手前から奥へグランスを送り込み 引くときにの雁首が膣壁をシゴクように深く抜き差しすると、女房がその雁首の縁を 膣壁で感じているのが良く判ります。「どうォ?…」と聞くと 珍しく「イイの… そこをもっと…」と云います。
 いつもは 自分の感じ方など口にしない女房が、今日は旅先のせいか 羞恥心から開放されて、して欲しいことを 口にして呉れるのも嬉しく、私も出来るだけ それに応えたくなります。今日の女房の絞まり方は いつものようにヴァギナの口と奥で絞まるので無く、珍しく 膣全体が引き 締まっています。ペニスの雁首で 膣の襞を静かにシゴイてゆくのに、堪らない 抵抗感の快さがあるので、今日は腰を使うと云うより 雁首に神経を集中して、できるだけ抽送(出し入れ)のストロークを ユックリ大きく動かします。女房もそのつど 「そう… ソコを…」と教えて呉れるので、それにイキを合わせ 女房の首に手を回し、舌を絡めると云うより 口を半開きに、だらしなくヨダレを塗り合う感じに 唇の周辺をヌラヌラと舐め回し、直ぐ達しないように気を付けながら 長く々々とユッタリと身体を波打たせます。
 どれだけ時間が経ったか 今日はお互いにイカないのに膣の中が直ぐズルズルになるので、途中で2度ほど ペニスを抜いて中の粘液を掻き出し、ペニスを拭いては 挿入し直す快感を楽しんでいる内に、いよいよ腰の辺りに 妙なむずがゆさと昂まりがこみ上げて来ます。女房はとみると もういつイッテもオカシクないほど乱れ切っています。耳元に口を寄せ 「イッテも 良いい?…」と聞くと 微かに「ウン…」と応えるので、ペニスを膣の天井の 唇のような感触のある処に押し付け、クリグリと柔らかく静かに腰を回すと 「ハァッ…」と反り返って女房がしがみ付いてきます。私は強く抱き返すと同時に緊張を解き イクに任せダクダクと射精すると、私の精液がヴァギナの天井に吹き上げると同時に 女房の熱い絶頂汁がグランスにダラリと掛かります。股を絞め合い口を合わせて 今度は大きくタップリと舌を吸い、暫くは硬直したように動けませんでしたが、やがて二人は静かに脱力し 抱き合ったまま放心状態になりました。(Ⅱへ続く)(「茫々録・鶏肋抄」より)

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年10月6日 | エロい告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】職場の妻【不倫】

妻は30歳、短大を出てすぐに会計事務所に就職しました。
妻は奥手で短大の卒業式の日に始めての男性経験を持ちました。
その相手が私なので、妻は男性を私しか知りません。
妻がその会計事務所に勤めて7年ほどが経っていますが、
一年ほど前に私の大学のときからの親友が偶然その会計事務所に就職したのです。
ある日、その親友から電話があり
「おまえの奥さんと会ったよ」というのです。
「どこで?」
「俺、転職したんだけど、今度の勤め先に行ったら奥さんがいて驚いた」
という内容でした。
まあ、そんな偶然も、どこにでもあることだろうとそれほど気にもせずにいました。
その電話から一ヶ月ほどたった頃、またその親友から電話があり、お茶でもしないかと誘われ
久しぶりに会うことになりました。
親友は事務所での妻の仕事の話を始めました。
まず、その事務所は女性スタッフが妻だけということ。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||

2014年10月6日 | エロい告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻のオナニー【不倫】

中学2年の娘と小学6年の男の子を持つ夫婦です。私40歳妻は38歳です。実は先日妻がオナニーしていたようです。というのは
その日、私は会社の飲み会で遅く帰って、そのまま床に付きました。妻はいつ寝たのか判りません。夜中にトイレに行こうと目が覚めると、隣の布団で寝ている妻の布団かカサカサと音がするんです。寝返りでもなく、しばらくじっとしていると妻の口から喘ぎ声のようなものが聞こえてくるんです。えっ・・まさかオナニーと思いながらも、通常の妻は結婚して今まで妻の方から
行為を求めたことなど一度もありません。一度そのことを妻に聞くと、「私のほうからは、求めることなんて出来ない」と言いました。男に限らず、女性も未婚でも既婚者でも数こそ違えどオナニーはほとんどの人がしているものだと思っていたのですが。段々と暗さに目が慣れてきた私は判らないように横を向くと妻の布団は膝のところ辺りで山型になっていました。きっと両脚をくの字に曲げているんだと思いました。ときどきはあはあという息使いが聞こえて来ます。私は勃起してしまい、ペニスを握っていました。段々と息が荒くなり、ウッと言うと静かになりました。その後下着でもなおしたんでしょうか、布団を動かす音がして、そして寝入ったようです。私はその後トイレに行きました。翌朝起きると妻はなにもなかったように食事の支度をしていました。

エロい告白体験談検索用タグ

||||||

2014年10月6日 | エロい告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】睡眠薬で眠らせた妻に夜這い      友人妻編【不倫】

私の妻を友人に抱かせてから2週間が過ぎようとしている時です。
巨乳の奥さんを持つ友人から飲みの誘いがきたんです。私はもう一人の友人と彼の家に向かいました。
玄関を開けると、奥さんが立って迎えてくれたんです。
相変わらずの巨乳です。服を着ている上からでも十分に大きさが分かる位です。
何年振りに見る彼女は、若干老けたでしょうか?リビングに入ると、友人が幼い子供を抱き座っていました。
「よく来たな!まぁ座れよ」
「あ~子供か!随分大きくなったなぁ。何才だっけ?」
「もう3歳になるよ」そんな中、奥さんがキッチンで夕食の準備を進めていた。
「本当にいいのか?今日抱かせてくれるんだろ」
「あ~いいよ!そのつもりで来たんだろ!」
「奥さんいくつだっけ?」
「もう34になった。大分体の張が無くなって来たけどなぁ」
「でも相変わらずデカいなぁ・・・何カップだっけ?」
「Gだったけど、最近Hになったとか言ってたなぁ」
「Hカップ!!!パイズリ出来るなぁ」そんな事を考えているだけで、股間がMAX状態だった。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年10月5日 | エロい告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻と温泉【不倫】

結婚前の話ですが
妻と鬼怒川温泉へ1泊旅行した事がありました。
あまり大きいホテルではなかったのですが、
温泉は混浴ではありませんでした。
妻と私は別々の風呂へ入りました。
私は先に風呂から出ましたが、妻はなかなか出てきませんでした。
しかたなく、先に部屋に戻ってました。
しばらくして、妻が戻ってきました。
妻が私に泣きそうな顔で言いました。
こんな話でした。
妻が風呂に入ってしばらくすると、
突然、見知らぬ男が入ってきました。
妻はびっくりして、
「ここは女湯ですよ」と言うと
「あっ、そう」と男は言うだけで

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||

2014年10月5日 | エロい告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】借金を妻の体で返済【不倫】

こんにちは、サラリーマンをしている37才既婚の男です。

自分で言うのも淋しいですが、僕はあまり出世に向かないタイプの人間です。
この年になっても未だに役職も無いまま過ごして来ました。
結婚はしたものの、給料が少ないので共働きで頑張っています。

妻は32才で、「真由実」と言って、特に目立つような美人ではありません。
妻の実家は一般的な家庭ですが、両親が厳しくて、付合っている当時の門限は10時でした。
そのせいか真由実は、すごく地味な女になったみたいです。
でも、顔だけ見ればかなりの美人だと思います。
体も肉付きが良くて、ムッチリしています。
確かバストはFカップあったと思います。

ただ、僕が言うのもなんですが、世間の女性と比べるとファッションが明らかに古い気がします。
もちろん僕も洋服に興味があるわけでは無いのですが、テレビなんか見ていると、妻が「昭和の女ファッション」みたいな事に気付きました。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月5日 | エロい告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】盗撮【不倫】

古びたアパートに私達は引っ越してきた。
まだ、収入も少なく2人で共働きをしている夫婦。
安い家賃のアパートで暫く我慢し、お金を貯めMY HOME計画を立てている。
私27歳、妻24歳
引っ越して数日が経った頃、私はトイレである物に気づいた。
ティッシュペーパー掛けの隅に穴が開いている?
何だこれ?私はドライバーで取り外し中を見るとピンホールカメラだった。
”盗撮!”驚いた。誰が・・・?
それと同時に、妻の恥ずかしい姿を誰かに見られていたと考えると、今まで感じた事の無い
嫉妬とドキドキする感情が湧きあがっていた。
他にもあるのか?と思い部屋中を調べると、居間の天井付近に1台と寝室代わりに使っていた和室に1台
設置されていた。
ネットで調べ、電波範囲が狭い事が分かり近隣住民である事は明確だった。
アパートに住む住民は、私達以外で4部屋居て近所には、駐車場と資材置き場、1軒の老夫婦の家があるだけだった。
良く考えれば、4部屋の住民中、2部屋は家族で見た目だが違うと推測できた。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||

2014年10月5日 | エロい告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】俺の妻【不倫】

俺は30歳、妻は39歳。妻と出会ったのは俺が飲みにいった居酒屋であった。そこで働いていた妻を見て、なぜか俺をとりこにするなにかを感じたのだ。しかし見るからに俺より年上に見えたし、当然結婚していると思った。なんどか通ううちに次第に
話をするようになり、俺が食事に誘うと思いのほかOKが出た。初めてのふたりきりの夕方からのデート?話をしているうちに彼女はバツ一だとのこと。それから俺の心のスイッチが入った。2回目のデートはドライブ。助手席に座る彼女に俺はいろんな話をした。聞けば歳も9歳年上だとのこと。バツ一だが子供はいないて一人賃貸マンションに住んでいるとのこと。顔を普通だが胸が大きくて、その日は彼女はジーンズを穿いていたが、それも股上の短いものでしゃがむと大きなお尻にぴったりとしたジーンズからお尻の割れ目が十分に見えていた。もう俺のペニスはピンピンになっていた。帰り際、思い切ってホテルに誘うと黙って肯いた。 部屋に入るや俺はばむしゃらに彼女にキスをした。彼女も俺にしっかりと抱きついて舌をからませて来た。
すぐにセックスしたかったけど、我慢してシャワーに誘った。初めて見る彼女の裸体は思いのほか陰毛が少なく、胸とお尻は
十二分のボリュームだった。すっかり勃起した俺のペニスははちきれんばかりで腹にひっつくくらいに動いていた。彼女は
「若い人ってやはり元気なのね」といいながら俺の前にしゃがんで手で握るとパクリと咥えてくれた。全くいままで経験したことのない見事なフェラだった。不覚にも一気に俺は射精してしまった。彼女はその精液をすべて飲み干してくれた。ベットに行くと俺はよつんばを要求すると、いやがることもなくそのおおきなお尻を突き出してくれた。お尻の穴から彼女のお○○こも陰毛の間からすっかり見えていた。俺は一気に挿入してピストンを始めるとこれまた、信じがたい声で「ああ、いいわ、気持ちいい、もっとチ○ポ突っ込んで・・・」と卑猥な言葉を繰り返した。二度目の射精は生のまま彼女の奥深く注ぎ込んだ。
俺は調子に乗って「美樹さんと会えない時、一人処理する時使うからヌード写真を撮らせてほしい」と言うとにやりと笑って
「どうぞ・・」と言ってくれた。車の中に置いてあったデジカメを俺は全裸のまま急いで取って来て、大股開きの彼女のあそこや、よつんばにして後ろから大きなお尻やあそこを接写で撮影した。その後俺は再々彼女のマンションに行って泊って一日中全裸で過ごした。付き合い始めて4ヶ月後に籍を入れた。彼女は23歳で結婚して5年結婚生活を送ったが子供の出来ないし、旦那も浮気をしてこともあり、離婚に踏み切り28歳でバツ一になり、その後アルバイトを転々としながら一人生活を送っていたそうだ。離婚のショックや寂しさから、彼女が言うには5人の男性とその間親しくなり、半同棲をしたり、肉体関係の生活を送っていたとのこと。とpすれば俺は彼女にとって7人目の男性となったことになる。そんな昔の男性との話を聞いているうちに、その中の一人の男は変態で精力ばつぐんで、彼女にとって初めてのアナルセックスをした男だとのこと。俺も興味はあったけど、経験したことのないアナルセックス。そこで俺の心の又しても違うスイッチが入った。彼女にさせてほしいというともうしばらく前の事だから、すぐには入らないから序序にしてと。そして今は、最初にクリームを十分彼女のアナルに塗ってから挿入するとカリの部分が入ってからはするりと根元まで挿入出来る。俺はゴムを着けるのはいやだというと、妻は病気になると困るからと、その前に2度イチジク浣腸をして便を出した後、シャワーでお尻の穴に十分ぬるま湯のシャワーで注ぎ込み、それから挿入することにしている。もちろん中に射精している。未だ子供がいないこともあって、時には外出しない休みの日は一日中二人とも全裸でアダルトビデオを見ながらいちゃついている。妻がトイレに行く時はドアを閉めないことも二人の約束にしている。又
二人でドライブする時は妻はブラもパンティーもつけないで直に白のパンツルックに白やピンクや黒の薄いセーターを着てでかけている。もちろん両方の乳首ははっきりと膨らんでいる。それを見た男性のほとんどは気がついていると思うがそれが俺にとってはいい刺激になっている。パンツも肌にぴったりのものだから前の割れ目に食い込んでいるし、お尻も食い込んでいる。なんともセクシーで夫でありながら思わず勃起することも再々ある。夏になるとマンションのベランダに二人とも全裸で出てバックから挿入することもある。二人の会話は今ではできるだけ卑猥な言葉で話すようにしているので、昼間でも、妻の方から
「これからお○こする?」とか「チ○ポなめてあげようか?」と言ってくる。俺が一日泊りの出張がある前日の夜などは2回戦をした後、当日の朝は妻が仰向けになった俺のペニスを手でしごいて射精させて飲んでから出かけることが多い。そんなセックス三昧の夫婦だけど、時には思考を凝らして、お互い向かい合ってオナニーを見せ合うこともある。何度か二人で剃毛したこともあるけどすぐ生えてくるので最近は面倒になって来た。ただ夏になると海水浴にいくのでビキニの妻は完全剃毛している。しかし腋毛は一年中手入れはしないことにしているので海水浴の時は妻の腋毛を見た男性は無数にいることだろう。今この投稿を書いている時となりで妻は俺のペニスを握ったり、こすったりしてくれている。

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2014年10月4日 | エロい告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻の過去男を知った夫の話【不倫】

妻の過去男を知ってしまった夫です
私は37歳の会社員、妻は36歳の主婦で、
6年前に結婚し、4歳の長女がいます。
妻はおとなしい性格で家事と子育てを熱心にする理想的な主婦ですが、
たまにおしゃれして外出するときなど、見違えるほどいい女になります。

先週、友達と会うと外出したときは、白のキャミソールのようなトップに、
黒いミニスカート、光る濃い茶のパンストをつけ、
さすがに上に白いカーディガンをはおっていましたが、
薄い生地でほとんど肩と盛り上がった胸が透けていました。

見送った私は、妻に欲情したためか、妻の使っている引き出しをあけ、
いろいろ探してみました。
セクシーな妻の姿を見て、妻に隠れて下着などで
オナニーをすることがよくありました。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年10月4日 | エロい告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻が外人と【不倫】

こんにちは34歳と29歳の夫婦です。半年ほど前からカップル喫茶ハマってます。妻はどちらかというと地味な方で結婚前も男性経験は1人しかなくおくてなタイプでした。私の要望でカップル喫茶に行き、最初は見るだけだからといい(実際、1回目は見学だけでした)連れ出すようになりました。2回目は相互鑑賞、3回目でなんと他人棒をフェラしました(この辺から妻の開放されてきたようで)。
その時は妻は他人のペニスを受け入れる寸前まで行きましたが私の心の準備ができてなかったので男性を制止してしまいました、、、
その後は他人棒フェラ、SW、3Pと妻は経験しました、最初は私が無理やり連れて行ってたのに自ら「行きたい〜」と言うようになり月に2,3回は3歳の子供を祖父母に預けコンサートや映画行くからと理由を作りカップル喫茶に通っています。
カップル喫茶行くようになってから妻はすごくきれいになり、それまでは夫婦のSEXもマンネリだったのに、それがうそのよう、何よりSEXがすごくいやらしくなりフェロモンが出まくってる感じです。
先日、カップル喫茶にマスターの知り合いの外国人がきて、妻に「どんなのか触ってみて」とけしかけました、他にもお客さんがいてけしかけ始めたので妻は笑いながらその白人男性の股間をズボンの上から触り始めました、最初は笑っていたのですが男性のが大きくなり始めるとギャラリーから「フェラ」コールが、、、妻は一瞬私のほうを見て同意を求めるような目をしたので私はうなずきました。
妻が白人男性のファスナーをおろしペニスを出しました、私はアダルトビデオでは見たことはあったのですが予想どうり大きかったです白くて柔らかそうな感じでしたが私のペニスの倍の大きさはありました。妻がペニスを握りながらフェラしはじめましたが握った部分からはみ出た部分でさえ私のペニス以上の長さ、太さもヘアームースの缶ほどありました。それをいとおしそうに舐める妻を見るのはかつて経験したことがないほど興奮し私のペニスは痛いほど充血しました。白人男性は妻にフェラさせながら妻の服を脱がしていきました、妻もなすがままに脱がされていき最後にパンティだけになりました
妻は濃いピンク色のパンティだったのですがアソコの部分はびっしょりと濡れていました。今考えるとギャラリーもいたわけでピンク色のショーツをびっしょり濡らしながら外人男性のペニスをフェラしてるのが自分の妻だったんだと客観的に思い出しただけですごく興奮します。

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||

2014年10月3日 | エロい告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ