最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【マイノリティ】純子を他人に【性癖】

妻純子、五十代前半、結婚当初より性に対いしてとても淡白な女でした。
ベッドの中では私がリードし、全裸にしないと行為をしようとしない妻です。

いつもの様に、ダブルベッドに横たわる妻の、ネグリジェの前ボタンを胸元から全て外し、露になった乳房を唇で愛撫しながらショーツを脱がせ、陰毛に覆われた秘部を右手でこねるようにして愛撫を加えていた。 乳首が大きく突き出し微かに喘ぎ始めた妻の裸体を眺めながら、この妻が夫以外の見知らぬ男に押し倒され、男の手で衣服を脱がされ、形良く膨らんだ乳房をその男の手で弄ばれたら、どんな反応をするのだろうか? ネットで配信された人妻を妻にダブらせて、色々な絡みを妄想した。
その夜、妄想を実現すべく妻を口説いた。 「純子、今、君のオッパイを弄っているのが、知らない男だったらどうする?」
夫を受け入れる準備が出来つつあった妻に、いきなり問い掛けた。夫の言葉の意味がいまいちわからず、怪訝そうな顔をして妻が言った。 「えっ、あなた何のこと?知らない男の人が、私のオッパイをさわるわけないじゃない…」
剥きだしになって、重たげにふくらむ妻の左乳房を 下からすくい上げるようにして突き出させると、固く尖った乳首を指で弾いた。 「純子、純子が素っ裸にされて、知らない男に、このオッパイもここも、男にいいようにされて犯されるんだ!いいな!抱かれるんだ!」 乳房から下腹部に右手を一気に下ろすと、秘唇をかき分けて二本の指を純子の膣に突っ込み乱暴に膣内で暴れさせながら、命令口調で言った。

妻は目に涙を溜めて悲しげな顔をした。そして、腕を突っ張って私の身体を押しのけようとしながら
「いや〜!いたい!ひどいわ!あなた、なぜこんな乱暴なこと言ったり、したりするの?わたしが嫌いになって、別れたいのならはっきり言って。」
私は、妻を強く抱きしめ、優しくキスをした。膣内の指は優しく粘膜を刺激するように変化させ
「こんな素敵なからだの純子を、嫌いになったりしないよ。膣だっていつも入口が気持ちよくペニスを食い締めるし、中の方は狭くてペニスに絡んで気持ちがいいしね。」妻は怪訝な顔に戻ると
「だったらなぜ?わたしが知らない人に、抱かれなければいけないの?」「わたしがいいと思っているだけでなく、純子を抱いた男達にとっても、いい女であることを確かめて、私の純子が、どの男にもいい身体をした女だ、と言わせ素敵な純子の身体を、自慢したい。「頼むから、一度だけで良いから、抱かれてくれ!」一気にすがる様に言った私の口説きに、妻は意地悪そうな笑みを浮かべ・・・・・
「あなた、いいの?このわたしがあなたじゃない男の人に…、乱暴に裸にされて、
オ…オッパイを…!乱暴に 握られて…、わたしのだいじなところも弄られて…、純子の中にペニスを突っ込まれて、精液を出されるのよ!いいのね!」「抱かれても!いい わよ!抱かれてあげるわよ!」これから、日奈久までに行きましょう!あなたが話した、女の人でも入れるストリップ劇場に行って、最初にわたしに声を掛けた男に抱かれるわ!」 これから、出掛けても終演にじゅうぶん間に合う。妻の言葉に一瞬驚いたがこの機会を逃すと、後のチャンスはないとおもった。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | エロい告白体験談カテゴリー:マニアな体験談

【高校生】家が貧乏な私の新しいバイト【体は大人】

私はミズキ(仮名)某高校に通う17歳です。
正直私の家は貧乏です。
父が出世しない事や兄弟が多い事が原因だと思います。私は四人兄弟の上から二番目で次女(下二人は男)です。
本題に入りますが、私は最近体で小遣いを稼ぎしようと考え、相手をさがすとすぐターゲットを見付けました。
中学から一緒でクラスメートの男子が居ます。彼は和人と言い、彼の父親は大きな会社の社長をしてます。そう、彼はお金持ちです。でも彼はモテません。体格は少し小さめでオタクっぽい見た目で無口な事が原因だと思います。
そのため彼にはあまり友達も居なくて女子も近付こうとしません。
ので、和人を相手にする事を決めました。
私は放課後、和人の後をつけて行きました。しばらく歩き同級生達に見つかる心配がないと思われる所で私は和人に駆け寄り
「和人~あのさぁ~あんたん家遊びに行ってイイ?」「な、なんで?」
「暇だしいいじゃん」
私は無理矢理家に入れて貰いました。和人は挙動不審の動きでした。私は家の広さに驚きながら和人の部屋に通されました。和人は一人っ子で母親も父親の会社の役員で家には和人と私しかいません。
私はしばらく中学時代の話しや和人に質問してみました。なんとなく話しの流れから和人は童貞と解りました。
和人はトイレに行きました。私は机の引き出しを物色しました。一番下の大きな引き出しを開けるといやらしい本やビデオやDVDがありました。私はイケる!と思い和人が戻って来るのを待ちました。
和人は部屋に入ると私が机の引き出しを開けてる事に気付き慌てて引き出しを戻し顔を真っ赤にして
「やめろよ!勝手に人部屋を荒らすなよ。」

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2017年12月22日 | エロい告白体験談カテゴリー:高校生との体験談

【会社】ランジェリー製造会社の二次会がとんでもない【同僚】

俺の会社の宴会は二次会が、とんでもない。

業種はランジェリーの製造
おそらく業種が特殊だからだと思う。

脱がせるくらい序の口で、おっぱいを出さずに済む女子は
まずいない。

女子は三人に一人がパンツまで脱がされるし、
男もフリチンが何人も続出する。

セクハラで訴えられても不思議じゃないが、
騒ぎが起きたことはない。

まじめな社員や脱ぎたくない女子は、さっさと部屋に

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||

2017年9月2日 | エロい告白体験談カテゴリー:会社での体験談

【会社】社内でストリップショーをさせられた若い社員を輪姦した【同僚】

最近入社してきた女子社員について話する。

その子は結構可愛くて、若干ゆとりが入ってるようなおっとり系。

そして何より最も際立つのがおっぱいの大きさなんだwww
多分これは想定でJカップくらいはあるんじゃかなろうか?

実は俺は女性向け下着メーカーで働いている。
なので、服の上からでも胸の膨らみで大体のブラカップは分かってしまうのだ!
キモイかもしれないが、この特技が合コンとかではウケるのだww
話を戻そう。

そんな彼女、実は上司の玩具にされているという噂を耳にした。

わざと水をぶっ掛けられて、シャツを濡らされて「わが社の商品を着ていない」とか、
そういうイチャモンを付けられて上司に遊ばれてるとか・・・

いやー流石にゆとりでも、そんなセクハラどころかレイプ紛いの事をさ、
そう簡単に受け入れる訳ねーだろーwwって聞き流してたんだよな。

けど、彼女の行動を見ているとなんか不自然なんだ・・・。

用事があるのか不明だが、何故か上司の部屋まで度々行く。
そして一度行ったら中々戻ってこない。

流石に噂は本当なんじゃないのかって思い始めてきた矢先、
上司から我が部署へ連絡が来た。

「新製品のお披露目会を部署内でやるので集合するように」

突然そんな事するなんて何だろうな・・・俺も同僚も不思議に思っていた。
そしてお披露目会の時、俺達は驚くべき光景を目にしたwww

なんと新製品のセクシー系ランジェリーを着たゆとり新入社員の姿だった・・・

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2016年7月21日 | エロい告白体験談カテゴリー:会社での体験談

【友達】真性マゾ女子高生【セフレ】

『初詣悲哀』
こんにちは
齋藤麻紀です。
雪が降ってきました。
買って頂いた大切な振袖・・・。
お母さんに見せたかった振袖を
鋏で切り落とされてしまいました。
晒したお尻に触れる
冷たい雪の降り積もる勢いは増して
惨めな気持ちは募ります。
ああ
ごめんなさい・・・
私・・・
私・・・
こんな時にも

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2015年11月24日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【酔った勢い】生保レディーをラブホに連れ込み5人で犯った【言い訳】

会社によく来てた生保レディー。
上下黒のスーツ、下はパンツで白のブラウスの前を
ギリギリまで開けてた。歳は確か24て言ってた。

何回か来て先輩が冗談半分で
「来週末飲み会あるから来て下さいよ。」と言った。

うちは飛び込み営業だから全員♂。
そしたら二つ返事でOK。

俺は新人の方なんで、まぁ何もないだろうと期待せずに
その飲み会に参加。

場所はチェーン店の小さい居酒屋。
奥の座敷をわざわざ予約して始まった。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2015年11月22日 | エロい告白体験談カテゴリー:酔った勢いの体験談

【友達】少女の花びら ⑬【セフレ】

『 最終章 財閥令嬢の膣内破損 』

我小学校の新体操部は予選落ちして俺にしてみれば一日だけの楽園だった
新体操の”美雪”と言う獲物を捕らえる事が出来て今後楽しみだ
それに購入難の小学生児童による新体操DVDの修正製作が楽しみだ
数日後 性奴隷化された裕子をマンションに呼び出した
♪〜ピンポン・・「おっ裕子姫が来たな」と玄関の扉を開けると
腹巻のような服と白色の短パンと言う露出全開の衣装がたまらない
リビングの方へ歩きながら「裕子ちゃん その 腹巻いいね」
「腹巻っぷっはは これはねチューブトップと言うの腹巻だってふふっ」
「その 何だぁ チューブトップと言う腹巻は動いていて落ちないのか」
裕子は上半身を左右に振ったり上下に飛んだりしながら
「それがね不思議なの落ちるではなく上がるのよ 何か他の事を
期待しているの」
裕子が屈むとチューブトップの胸の隙間から発達した乳房の谷間が見え

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2015年10月25日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】PUBLIC【セフレ】

 

1「きっかけ」
 何時ものようにHなネット・サーフィンをしていると、何の偶然かとんでもないサイトにぶつかってしまった。これを運命の悪戯と呼ぶのだろう。私が少し変わるきっかけになったのだから。
 そう・・・・・、そのサイトには外国の街中を履物以外、何一つ身に着けず歩き回る女性の姿を写した画像があったのだ。人の居ない山の中や、海辺ではない。衣服を身に着けている人達の中を全裸で歩き回る、そんな光景である。それも真昼間の大きな通りや、広場や、商店街をである。
 それを見て変態と軽蔑しきれない、なにか・・・・羨ましさのようのものを感じていた。もっと、大きくたくさんの写真を見たり、サンプル以外のビデオを見るには信販会社のカードを使って申し込まなければならない。住所や本名も書き込まなければならない。もっと見たいのだが、外国、それもヨーロッパのカード会社なのに、申し込む勇気が無かった。
 仕方なく関連リンクを彷徨い、相当な労力と時間を費やし、かなりの量のサンプル画像と五種類のサンプル・ムービーを手に入れた。どのくらいの日数を掛けただろう。これらを克明に見ていくと、ドイツの都市「ボン」であることが分かった。さらに、殆どのシーンに現れる女性がいることに気がついた。色白で髪の長い、たいてい黒い服を着て写真を撮っている。時には全裸の女性の服も持っているようだ。さらに、何人かの男性スタッフの存在にも気が付いた。日本で言えば、裏物の露出ビデオか写真集の撮影をしているのだろう。ちなみに、このスタッフの女性も全裸で歩き回っているシーンが幾つかあった。
 殆どの女性は剃毛している。全裸よりもっと恥ずかしい姿だ。年齢層には幅がある。女性特有の曲線が現れ始めた少女から、中年の女性までいるようである。そんな中に、サングラスをかけている人がいた。顔さえ隠せば、警察のお世話にならなければ、騒ぎさえ起こらなければ、私も全裸で賑やかな商店街を、広場を悠然と微笑みながら歩いてみたい。その為にボンに行きたいと・・・・
 私はいつの間にか、椅子に腰掛けて組んだ足の力を、入れたり抜いたり微妙に太ももを動かしながら妄想していた。
 この女性の真似をしたら、恐らく興奮して平然と歩いていられないように思う。誰にも、親にも気づかれていない、そして経験すら無い私の本性をさらけ出して歩くのだろう。今まで内に秘めた露出狂マゾと化し、剥き出しになったあそこを隠す毛も無く、手で隠せないように手錠か縄で縛られて歩くことを想像してしまう。それとも、たった一本の紐であそこを隠すことが出来る股縄を結んでしまうのだろうか。これは押さえ込んでいる妄想である。
 下の毛を剃り全裸以上に肌を晒して・・・・・。行き交う多くの人達から冷やかされたり、嘲笑されたり、軽蔑されて罵られるのは良い。だけど、騒がれたり、追いかけられたり、警察に通報されたりするのは困る。私だって普通の平穏な日常を捨てたくはないのだ。あくまで、一時のアバンチュールとして楽しみたいだけなのだ。軽犯罪であるのは分かるが、こんな性癖を持つ人間がいることを認めて欲しい。真剣にそう思った。
 息を荒くしながら不鮮明な小さなビデオ画面をパソコンで何度も見た。写真もスライドショーにして、何回見たことだろう。パソコンを起動すると無意識のうちにその作業を行ってしまう。現実と妄想の境界線が曖昧になっていくような気がする。この写真に執り付かれたのだろうか。私は淫らなプログラム「マクロ」になっていた。
2「妄想から計画へ」
 一人暮らしで彼もいない私。下の毛を剃ったからといって問題があるわけではない。ただ、盲腸にでもなったら、とても恥ずかしい思いをするだろう。人生何が起こるか分からない。そんな理由で、一度もツルツルにしたことは無い。全裸で外を歩けるわけないのだから。でも、「一つくらい秘密を持っても、誰に迷惑をかけるわけでもないし・・・」。そんな言葉が頭の中に響くようになる。悪魔の誘惑とはこのようなものだろう。
 それに、お風呂で毛を剃るなんて、とても興奮することのようにも思えてきた。ついに誘惑に逆らえなくなった。そして週末の土曜日、朝から部屋の掃除をした。まるで、神聖な儀式の準備をするようにバスルームを特に入念に綺麗にした。夕食後、買い物をかねた散歩から戻り、コーヒーを煎れてユックリ飲んだ。気持ちを落ち着かせる為だ。風呂上りに身に着ける、真新しい純白のパンティと男物のシャツも用意してある。昨日の帰りに買ってきたのだ。もちろん部屋も綺麗に片付け。ベットの側にデジカメも三脚も置き、準備は全て整えた。後は私が決心するだけだ。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2015年9月6日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】女子高生ですが。。男湯入れますか【セフレ】

「ぅぅ..絶対無理だよぉぉぉ~」
 私の名は千野 音衣(ちの ねい)。共学の高校に通っている高3の女
性である。
 今、私は大型スパ(温泉)施設の入口の前にいる。今日が週末の上、キ
ャンペーン中でたったの1000円で入浴できるとあって、すごい人ごみだ。
 こんなに大勢の人が入りに来るスパに、私は堂々と男湯に入らなければ
いけない。1つ言っとくけど、私は別に露出狂や変態なんかじゃないわ。
 実はクラスの男子たちと賭けをして、私が応援していた高校センバツの
野球部が負けたら男湯に入ると言ってしまったからだ。
「ぅぅ..延長で負けるなんて..」
 しかし、いくら賭けだからって本気で私を男湯に行かせるなんて..
 大体、無理でしょ!高3の女子高生が入れるわけないでしょ。
 まあ、とりあえず入口で係員が止めた場合は賭けは無効よね?
 
 無理を承知でスパの入場券を買うことにした私なのだが..ここで悲し

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2015年8月4日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】半熟成卵巣シリーズ(第三)【セフレ】

『 第三章 アイドル希望の幼稚園児性調教 』

或スーパーへ買い物に行った 地下は食品売り場から屋上の小さい遊園地の
6階建てビル式スーパーだ
俺は屋上からコンクリートジャングルの大都会風景を缶コーヒーを飲みながら
「はぁ あの頃は 社長として飛び回っていたなぁ はぁ」とため息をついていた
その時 「♪〜只今より 屋上遊園地で イン・○○・アイドルスクールによる
発表会があります♪」とアナウンスが流れた
俺が舞台の方へ行くと大勢の人達が舞台を囲むように見ていた 音楽に合わせて
ダンスを踊ったり歌ったりしていた 5〜7歳くらいだろうか小柄の小さい体を
ゆかちゃん人形のように踊る 踊り終わると「ママぁ ママぁ」と直ぐに
親の元に行くのが可愛くいじらしい
俺の後ろにも可愛い少女が踊り終わり「ママ 真美(仮名)はうまく踊れたぁ」と
お母さんに抱きつく その人妻が薄笑いしながら俺に話しかけてきた
「こんにちは 久しぶりですね・・・・社長さん♪」

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2015年7月24日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談
1 / 2912345...1020...最後 »

このページの先頭へ