最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達】人助け【セフレ】

会社の取引先に勤めていた女(A子 26歳)であったが、その取引先でも非常にガードが固く有名であった。
顔は普通、スタイルは中々良い感じであったが、噂どおりガードは固かった。
取引先の人たちと飲む機会に恵まれ、A子も来ていた。
飲み会が終り、2次会に行く人は2次会へ、帰宅する人は帰宅することになった。
俺は帰宅しようと駅の方へ歩いていったのだが、A子が後ろから付いて来た。
話しかけると、A子も帰宅するつもりだと。
『酔い醒ましにコーヒーでも飲みたいね。』
『あそこにスタバがあるから、そこで飲まない?』と言うと、
『スタバよりも缶コーヒーを公園で飲みたい』と意味深に言って来た。
公園でA子の暗い話を聞くことになった。
A子は19歳の時、大学から帰宅途中にレイプされた。
相手は4,5人だったらしい。混乱していて正確な人数は分からかった。
田舎の人通り寂しい道を歩いていたら、いきなり後ろから男に羽交い絞めにされ、
ボックスカーに連れ込まれ、そこでやられた。
A子は、中学、高校時代、性にとても興味があり、いつかは色々なプレーをしてみたいと想い、

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||

2015年11月4日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】ハルヒ・オナニー【セフレ】

涼宮ハルヒとは一週間だけ付き合ったことがある。彼女は中学時代に数々の男と付き合ってはすぐ別れてを繰り返していたが、その最初の走りである男がこの僕なのだ。
 当時、僕はクラスの不良連中から、小金をせびられたり万引きをさせられたりしてイジメられていた。そういう嫌がらせの一環として、涼宮ハルヒに無理やり告白させられたのだ。彼らは、しどろもどろに告白して玉砕する僕を、影から観察して笑いものにするつもりだったに違いない。だからこそ、クラスの中でも飛び切り可愛くて気が強い涼宮ハルヒに告白させたのだろう。
 僕の稚拙で見るに耐えない告白を、彼女は腕を組んだ仁王立ちの姿勢で正面から受け止めた。
「ちゃんと目を見て話しなさいよ!」
 いつもの強気な調子でそう言った彼女に対して、僕はその時、顔を赤くして俯くことしか出来なかった。気が弱くてイジメられっ子である僕が、告白なんて大それた真似をまともに行えるはずもない。彼女は彼女で孤立しているようだったが、それはむしろ彼女自身が望んでいるような観があるので、やはり僕などとは全く合うような性格ではないだろう。
 だというのに、涼宮ハルヒは何故か僕の告白を受け入れた。僕を苛めていた不良連中は唖然としていたが、僕の方もまさかオーケーされるとは思っていなかったので、彼等以上に驚いていた。最初は信じられなかったくらいだ。
 その日の放課後、僕は「一緒に帰ろう」とハルヒを誘った。面白がっている不良達に押されて、半ば無理やりにハルヒを誘わなければならなかったのだ。断られるような気がして仕方がなかったし、何よりも恥ずかしくて気が進まなかったが、意外にも彼女はすんなりと応じてくれた。
 帰り道でどこかに寄ることもなく、駅近くまで行くとそのまま別れてしまったが、一応、明日も一緒に帰る約束をした。不良連中は「どうせすぐにフラれるに決まっている」と馬鹿にしていたが、僕はなんとなくこのまま上手くいくような気がしていた。次の日、彼女に捨てられるまでは。
 僕の何が気に入らなかったのか、思い当たることが多すぎて逆によく分からなかったが、それにしても見切りを付けるのが早すぎるのではないだろうか……。まあ、彼女らしいといえば彼女らしいのかも知れないけれど。
 不良達には「それみたことか」と失笑されたが、あまり気にはならなかった。ただ、寂しかった。一度だけ一緒に下校しただけではあったが、僕は涼宮ハルヒに本気で恋をしてしまったのだ。
 それから間もなくして、ハルヒは別の男と付き合い出した。その時は絶望に暮れたが、彼女はその男ともすぐに別れてしまった。ハルヒが一体なにをしたいのか僕にはさっぱり分からなかったが、男の懐に潜り込んではバッサリと切り捨てる彼女の行為は何度となく繰り返された。
 僕の目にはそういう訳の分からない所も何故か魅力的に映り、僕はますますハルヒのことが好きになった。気が付いたら彼女のことを目で追っていて、いつしか意識的にそうするようになり、ついにはこっそりと付け回すようになった。
 ハルヒが他の男と付き合うことには、僕はそれほど抵抗を感じなかった。どうせすぐに別れることになるのだから、大したことではない。そう思っていた。

 僕は彼女と同じ高校に進み、幸運なことにクラスも同じになった。ハルヒは高校生になっても相変わらずで、良い意味でも悪い意味でも目立つ存在だった。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年11月1日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】自販機で【セフレ】

美樹は、前回と同じ自販機で露出をしようと思いました。何度かその場所では、露出を行
っていますので、感じはつかめています。家を出発するときから、裸で行くことにしました
。いつものように、ガーターとストッキング(今日は真っ赤です)、そしていつものように
5センチくらいのヒールのサンダルです。服は、念のため、スリップドレスのようなのを助
手席に置きました。出発です、対向車のライトに私の身体が照らし出されますが、多分見え
ないだろうと思い気にせずに自動車を走らせます。
自販機に到着しました。いつものように休憩所に自動車を止めます。そして、反対側の自
販機に向かいます。今回は、お金は手に持って行きます。その代わり、コンドームを1つ持
っていきます。歩いているときに、既にあそこは濡れています。最初に、栄養ドリンクを買
います。それを、コンドームに入れ、美樹のやらしいお汁をつけます。そして、お尻に入れ
ました。次に缶コーヒーを買い、その場所で飲みます。時々自動車が通ります。そのたびに
、自販機の横に引っ付きます。今日は、少し自動車が多いように思います。缶コーヒーを飲
み終えて、ファイブミニを買ったときでした、一台の自動車が、自販機のある広場に止まり
ました。急いで、自販機の横に隠れました。と言っても、横に引っ付いて、赤い空き缶入れ
の裏に隠れるくらいです。お尻は、見えると思います。もう、どうすることも出来ません。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||

2015年10月27日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】手錠オナニーしてるのを弟に見られた【セフレ】

1 名無し募集中。。。 2009/11/29(日) 14:56:38.73 0
ので死にたい
3 名無し募集中。。。 2009/11/29(日) 15:01:02.84 0
そんなに太いのか

181 名無し募集中。。。 2009/11/29(日) 17:32:45.70 0
これは酷いエロ漫画ですね

4 名無し募集中。。。 2009/11/29(日) 15:02:09.28 0
手錠無くても十分恥ずかしいわ

5 名無し募集中。。。 2009/11/29(日) 15:02:15.59 0
弟を監禁して洗脳できるまで手錠について熱く語れ

10 名無し募集中。。。 2009/11/29(日) 15:09:22.13 0

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2015年10月26日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】美人の嫁をレスにしておいて寝取らせた 続11編【裏切り】

前編は以下のとおり

部屋に戻るともうA君が嫁にバックの体勢で生挿入していて、
B君も嫁にフェラをさせていた。

今度はA君はゆっくり動いてなるべく時間をかけようとしたらしいが、
3分くらいで我慢の限界にきたようで
嫁に「中で出しちゃっていいよね」と言ったらしい。

嫁は「中出しはダメだよ」と言ったが、
「さっき生でも何でもっていったでしょ?何でもってそういうことじゃないの?」
と嫁はモゴモゴ言いながらも諦めたようで、
そのままA君の射精を受け止めたらしい。

3回目なのであまり出てなかったようだが

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||

2015年10月23日 | エロい告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】遠征妻【セフレ】

以前、\で「●●●スタイル」というサイトで31歳の人妻のゆかりと出会ってすばらしいひと時を過ごさせていただいたのですが、それから1ヶ月か1ヶ月半ほど経った頃に偶然、ゆかりさんと街で再会しました。
ゆかりさんとは体の相性もよくて、セフレの1人にでもと思ったのですが、遠方から来ていたようで、頻繁に会えないようなので泣く泣く別れたことを覚えています。
そんなゆかりさんがどうしたのかと思っていると、彼女の方も僕に気付いて「久しぶりね」って声をかけてきました。
ゆかりさんは「ちょっとすっぽかされちゃったみたいで」と少し照れながら言いました。僕は、まだ出会い系とかしてるんだと思い、とっさに「私もです」と話を合わせました。
それから喫茶店に行って世間話や彼女の愚痴なんかを聞いてるうちに、「せっかくだから、またどうですか?」と誘うと、「そうですね。でも、なんか恥かしい……」と伏せ見がちに答えました。
ゆかりさんは月に1~2度、他県から知り合いに出会う確率が低い都内に出て来ているということでした。もちろん、ひと時の情事を楽しむために。
ホテルに入ると、さっきまで頬を赤らめていた貞淑な女性とは一変して、欲求不満のスケベな人妻に変貌するのが表情を見てすぐにわかります。
手に余るような爆乳を背後から抱き寄せるように揉みながら、固くなり始めたチンチンを押し付けると、ハァハァと息を弾ませて顔以外も赤くなっていきます。
タイトスカートを巻くって、パンティの上から触るとすでに湿っていて、直接触るともうグチョグチョでした。
クリトリスを指で刺激すると、体をビクンビクンと反応させて、膝や腰をガクガクさせてるので、お尻に押し付けていたチンチンが刺激されてきて、完全にボッキしてきてしまいました。
ゆかりさんは、まだ部屋に入ったばかりの玄関先だというのに、「お願い、入れて、後から突っ込んでぇ」とお尻を突き出しながらお願いしてきました。
僕は基本的に相手のプレイに合わせる主義だし、僕も彼女のお尻に刺激されて結構ヤバかったので、リクエストに応えて激しく反り返ったチンチンを入れてあげました。
生で入れた膣は、僕のチンチンに絡み付いてくるような感触で、あの日の甘いひと時を一瞬にして思い出させてくれました。でも同時に、甘美な興奮も蘇えり、やばいくらい興奮してきてしまいました。
ゆかりさんの色っぽい喘ぎい声に混じって、腰を打つたびに鳴るパンパンといういやらしい音が響いて、また僕を興奮させます。
ゆかりさんもどんどんいやらしくなり、「久しぶりのチンポ、あぁ、いいの、子宮に響いて、あぁぁ」と淫らな言葉を発して、膣を収縮させてチンチンを締めつけてきます。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2015年10月22日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】同級生と、、、、【セフレ】

この間同級会があっって1次会で昔話でよくm子の靴の匂いかいでたよと冗談交じりに言った。。あははうちの旦那と同じあはは笑ってた  隣どうしで飲んでて太ももをチラチラ何回か見ていたらm子が耳もとで足好きなの 直接足の匂い嗅いでみる  って言われ後どこの匂いが好きなのどんなことシタイノ性癖教えてくれたら何かしてあげる。。言われて脇の下とおしりの穴舐めたいと言ったらすごくびっくりして今日はすごく暑くて汗かいてるけど大丈夫なの  ウンいっぱい舐めたいといった  やらしいズボンのうえからナニをモミモミしてきて半立ちだね   ここも見せてくれたらどこでもなめさせてあげると言われた途中でばっくれて  二人でトイレに入った  最初にパンツとズボン脱いでm子がさわさわしてきた3分位して最初脇なめさせてといったら自分で万歳みたいに脇をだしてくれた クンクンしてムレムレの脇なめたら少ししょっぱい味がして声をだすのを我慢してるのがいろっぽかった なめてると鳥肌がm子の腕ぽつぽつでたけど。。。。あしも同様にクンクンぺろぺろして足は旦那がしてるせいか少し冷静に良い匂いする  とか親指が感じるとか言ってた  m子が下半身だけぬいでくれてやっぱりアナルは恥ずかしいから無理とか言ってきたけど  耳元でお願い何回も何回もお願いしたら少しだけならいいよと言ってくれたクンクンして少しなめたら初めての経験らしく気持ちいいらしく自分から穴を広げてくれてなめやすいようにしてくれた20分位なめながら前の穴指で出し入れしたら白い本気汁タラタラ流してその指をm子に見せながらなめたらガクガクとケイレンしていってしまった  

エロい告白体験談検索用タグ

|||

2015年10月22日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】W不倫の果て⑨もう止らない・・・【セフレ】

祥子と二人で待ち合わせ場所に行くと、可愛らしい男の子がいました。
高校一年生・・・中学を出たばかりです。
私は少し良心が痛みましたが、おどおどして満足に会話も出来ない子を、祥子がどのように弄ぶのか見たい気持が勝っていました。
車に乗せ三人でホテルに直行、その子にとってラブホテルに入る事さえも初体験です。
”ねえ、二人でシャワー浴びてきていい?”
言うが早いか祥子はその子の手を取り”おいで!”と言って風呂場に行きます。
私は手持ち無沙汰なのでアダルトビデオを見ていましたが、祥子とその子はなかなか出てきません。
30分ほど過ぎてからでしょうか、その子の手を引きながら祥子が出て来ました。
“もう、一回抜いちゃった!”悪魔的な微笑で浮かべる祥子。
二人一緒にシャワーを浴び、ボデイソープで体を洗ってあげるとビンビンに起って来たそうで、
カリを包む皮を剥き、綺麗に洗ってからフェラすると、呆気なく祥子の口の中で果てたとの事でした。
”青臭くて一杯で、美味しかったよォ!”
”じゅん君、ベットにおいで!”
その子の名前はじゅん君、祥子はじゅん君をベットに仰向けに寝かせると、じゅん君に軽いキス、
やがて祥子の舌はじゅん君の口を割り中に入っていきます。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2015年10月21日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】美人の嫁をレスにしておいて寝取らせた 続10編【裏切り】

前編は以下のとおり

中出し直後の嫁のアソコを2人に見せつけながら
嫁にお掃除フェラをさせた。

その間に嫁のアソコから後輩の精液が出てくると
二人が「お、出てきた」と反応したので、

嫁も足を閉じようとしたが後輩が広げさせて
指を突っ込んで中からゆっくりと掻き出してさらに見せつけた。

少し休憩をして「今度は3人同時に責めますね」と嫁に言うと、
嫁は「もうこれ制服脱いでもいい?」と言い、

「そうですね、もう脱ぎましょうか」と嫁に脱がせて

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||

2015年10月20日 | エロい告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】ある鬼の記録 美緒の場合【セフレ】

俺は会社をリストラされ、かなりやけになっていた。
「それなりに真面目にやってきた。その挙句がこのざまだ。」
昼間から町をうろうろするなんてサラリーマン時代には想像もしなかったことだが、俺は自分の将来そのままにあてどなくふらついていた。
・・いや、正確に言えばあてはないが「ねらい」はあった。
こうなったら何かやらかして警察に捕まってしまった方が楽かもしれない。
何をやるか・・思いついたのは「夢見ていた行為」の実現だった。
「もう、こわいものなんてないからな、やりたいことをやりたいように・・やってやる。」
俺は、俺の欲望の生贄になる哀れな少女を探してふらついていた。
ふと見ると、一軒の家にランドセルをしょった人影が入っていくのが見えた。
様子をうかがっていると、ポケットから鍵を取り出して開け始めた。
「・・あれでいいか・・」
俺は後ろから忍び寄って、背後から少女の口をふさぎ持っていたナイフを背中に突きつけた。
「・・黙って、中に入れ・・」
「・・く、グッ!?」
俺は少女と一緒に家の中に転がり込むように入ると、少女を突き飛ばし、玄関の鍵をかけた。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||

2015年10月19日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ