最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【フェラ】肉塊(にくかい)【クンニ】

その女は「テル」といった。
出会い系で知り合った。プロフィールでは「激ポチャ」とあった。
おれは、まあ、普通に「太っている」のを大げさに書いているのだろうと思っていた。
好みとしては、どちらかというとぽっちゃりした女なのだ。駅前のコンビニで待ち合わせた。
「別イチ」で話はついた。
おれは、約束の時間より少し早めに駐車場に車をつけた。
ミラー越しに、どんな女が来るのか探していた。
「あれか?」
まあそこそこ太目の女が歩いてくる。
「あれくらいなら許せるな」
しかし、その女はわき目も振らず、通り過ぎていった。
「違ったか」
反対方向から、原付に小錦が乗っかったようなのが来た。
「あ、あれかぁ」
サドルというのか座席が肉に隠れて見えない。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2017年12月23日 | エロい告白体験談カテゴリー:お口の体験談

【おっぱい】街にあふれる新社会人とセクロスするの簡単すぎww【巨乳】

春、いろんな人が激変した環境に何とか馴染もうと必死で頑張ってる姿をたくさん見かける。
初々しいスーツ姿にまだ角が張った黒い革鞄を抱えた新社会人、自分が大学を卒業した頃を思い出して微笑ましくもなる。ただしその姿も週末の終電間際になると様子が異なってくる。
馴れない環境で昼間一生懸命精神をすり減らした新社会人たちは、夜、少しのアルコールで過ぎ去りし大学生活へのノスタルジーか、一気にその”ノリ”に戻って飲み過ぎてしまうものだ。俺がこの季節狩場にしているのは主に大箱の居酒屋かチャージがかからないカジュアルなバーだ。
特に俺が好成績を収めている店は、ノーチャージでカウンターでの都度払い、ダーツが2台設置してあるもののこじんまりとした、そして価格帯の安さから若い子で賑わうお店だ。
普段はクラブが主戦場だが、ほぼリクルートスーツに毛の生えたような格好をした新社会人たちは飲みに出てもその格好のまま金曜日のクラブへ出向くことは少ない。4月初頭のある金曜日、この日も18時を過ぎると新社会人の歓迎会的な集まりが繁華街のアチラコチラで催されている。俺も同じ業界の合同新歓的な集まりに顔を出さなければならなかった。狭い業界内の女の子には手を出さない、まして社内の子などもってのほかという主義を持っていたので、粒ぞろい女の子が集まるこの業界に身を置いたことを嘆きつつ、1軒目をさらっと流して悪友と一緒に狩りへと街に繰り出した。俺、隆と裕也は高校からの親友、マーチを出てネット中心の新興代理店に就職した俺とは違い一流大学から大手広告代理店を経て30前にしてさっさと独立を果たした裕也とは、現在のステータスこそ違えど普通に仲が良いことはもちろん、女の趣味が真反対ということで一緒に飲みに繰り出してはナンパに励んでいる戦友でもある。その日飲み会を抜けだした俺達がまず向かったのは大箱の居酒屋。いい大人になった俺達は普段ならもうほとんど行くことがないこの手の店だけど今日の目的はあくまで狩りだ。トイレに向かう動線上の半個室席を確保して着席、不味い酒を飲まされないためにボトルのスパークリングワインをオーダして二人で飲みつつ、トイレに向かう女の子をチェックする。
夜の9時を回った頃だというのにすでにいい具合に酔いが回った女の子が列に並んで頻繁に入れ替わっているのがわかる。しばらく飲み進めた時、その女の子は少し赤くなった顔で、でもまだしっかりした足取りでトイレに向かう列の最後尾にならんだ。
就職活動に合わせて黒くしたのか、濡れるような黒髪にまだ真新しいスーツ、むっちりとしたおしりを包む膝丈のタイトスカートの上からでもその太ももはイヤラシくその存在を主張していた。
顔は一瞬しかチェックできなかったけど意志の強そうなくっきりとした目元(お酒で少しやわらかくなってはいたが)にぽってりとした唇、そんな俺好みの顔立ちだったし、なにより、白いブラウスの下からスーツの胸元をきつそに押し上げる、その大きすぎる胸に目が釘付けになった。裕也に「俺が行くね」的なアイコンタクトを送るとすかさず立ち上がり、そのコの後ろに並ぶ。トイレは男女兼用の個室が3つ、そこに一列で順番待ちをするようになっている。ざっと見てそのこの前に並んでいるのは6人、時間にして約3分ほど話をする猶予がありそうだ。「並んでますねー、今日は街にもいっぱい人出てたしどこのお店も満杯ですね」
「そうなんですよー、このお店入る前に2軒も断られちゃいました」
最初の印象通り、気の強うそうなはっきりした目元だがさり気なく話しかけると思いの外ノリよく付き合ってくれる。サラサラのロングヘヤーに目が行って気付かなかったが小顔でパーツがはっきりしたかなりの上玉だ。
「俺もこのお店学生時代以来かもしれないくらい来てなかったんだけどどこも空いてなくて久しぶりに入ったよ、今日はここ一軒目ですか?」
「いえ、会社の飲み会あったんですけど一次会で解散だったんで、同期の子たちと二軒目にきたんです。やっぱり先輩や上司と一緒だと食べてても飲んでても全然緊張しちゃって、かえってストレス溜まっちゃいますよねー、あそう、私まだ就職したてなんですけど、ホントこの先ちゃんとやっていけるか不安ですよー」
酔いも手伝っているのか思った以上に饒舌にしゃべりまくる、どうやら本当にストレスが溜まっているようだ。
この時点で並んでいるのはあと3人だ、もうちょいいけそうだ。
「新社会人だ、なんかそんな気してたよwどんな業界ですか?」

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | エロい告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【人妻】妻と愛人・・・【不倫】

私は40才の会社員。
妻は30才で二人の間に子供が二人居ます。
愛人は36才、×1で子供が一人居ます。妻に愛人の事がばれないようにしながら関係は三年以上続いていました。
あの日が来るまでは・・・その日は子供達が実家の祖母の家に泊まりに行ってたので妻と自宅でゆっくりしていると小包の配達が来ました。
私が玄関を開けると、突然腹を何かで叩かれ気を失ってしまいました・・・気が付くと私は目隠しをされ、手足を椅子に縛られ全裸で座らされてました。
女の声で『こいつ目を覚ましたよ』と言われたと同時に目隠しを取られ、周りを見ると四人の男と二人の女が居ます・・・見た事もない奴らです・・・リーダーみたいな奴が近づき私に言いました・・・
『あんた奥さん居るのに愛人作って最悪な奴だな。お前の愛人は俺の元カノなんだよ。結婚しようって言ったら好きな人がいるから嫌だって。だから探したよお前を!』奥さんは可愛いし、元カノは綺麗だから、仕方ないだろうけど浮気はヤバイよなぁ・・・独り言を言いながら、私の向かいにある黒いカーテンに向かって行きました・・・『今日は、みんな楽しもうぜ!』と言いながら同時にカーテンを開けると、そこには目隠しをされ、手は上から吊され、足はM字に固定された妻と愛人が・・・お前ら何をやってんだ!バカやろう!と騒いだら、周りにいた男達に顔と腹を殴られ、半分意識を失いかけてました・・・『今日は、お前の目の前で嫁と愛人を可愛がってやるから楽しみにしろよ』と、言うと二人の目隠しを外し、妻達は私を見て睨みつけました・・・最悪です・・・愛人には、元カレともう1人の男が、妻には別の二人が行き、服の上から胸やアソコを触りはじめました。妻はEカップぽっちゃり体型、愛人はBカップの痩せ型をしています。そんな二人の胸を揉みながら、服をハサミで切り二人はブラジャー姿になりました。
そのまま、ズボンもハサミで切り出し、二人ともブラジャーとパンツになってしまい、男達は大興奮です。妻は水色の下着、愛人はピンクの下着・・・私の趣味で買った下着です・・・さてさてと言いながら、1人は胸を1人はパンティーの上から割れ目をなぞると、二人のパンティーに染みが出来てきました。二人ともかなり濡れやすく、特に愛人は感じやすく、おそらく二人の男に触られて気持ちとは裏腹に感じてしまってるみたいです・・・さて、下着も切っちゃいますよ~♪
と言いながらブラを切ると妻の豊満な胸が、愛人は小さいながらも上向きな乳首の胸があらわになりました・・・
二人の乳首はたっており、それを見て男達は大興奮です・・・さて、パンティーも切りますよと言うと妻達はやめてと騒いだが、聞いてもらえるわけもなく、パンティーは切られ二人のアソコがあらわになりました。『ヤベ~濡れすぎじゃない??汁が垂れてるよ!しかも、並んで見るとアソコの形って違うんだな!』言い、ビラビラを手で広げ1人1人観察し始めました。妻はアソコが肉厚で普段は閉じています。クリが弱くイク時はクリを触りながら行きます。
四人の男が妻のアソコを見ながら、クリを触ったり指を入れたりしてますが、クリを触られるとピクピク身体が動くのでクリが弱い事がバレてしまい、クリを舐められつままれ、我慢していた妻からもハァハァと感じた声が漏れてきて、身体をビクンとさせてイってしまいました・・・
男達は、大喜びです・・・次は愛人を四人が触り始めました・・・
愛人のアソコは妻とは違い肉薄ですが、感じてくるとクリがかなり大きくなり飛び出てきます。
ただ、大き過ぎるからか触ると痛いらしくあまりクリが好きではありません・・・
元カレが愛人のアソコに顔を近づけ、久々に見たけどやっぱり綺麗だな♪

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2017年12月22日 | エロい告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【不倫】彼女との合コン【浮気】

【スペック】
真司(俺) 23歳 新卒サラリーマン
まなみ(彼女) 20歳 アパレル 身長160cm Dカップ 本上まなみ似彼女とは2年前にバイト先で知り合った。彼女は明るく人懐っこい性格。
一年前から同棲し始め、休日は基本的に二人っきりでいることが多い。
セックスはというと、平日はお互いの時間が合わないので、休日にする
ことが多い。どちらからともなく相手の体を触りだし、ゆっくり時間をかけ
てお互いの暖かさや柔かさを楽しみながら、という感じ。しかしながら
回数は日に3~4回することも珍しくなかった。彼女は俺が2人目の彼氏で、最初の彼氏とは3回ほどしかセックスをし
なかった、とのこと。なので俺との最初の方のセックスのときは痛がって
いたし、いまでもフェラチオはぎこちなく、騎乗位なんて全くできない。しかしながらその顔、性格から遊んでいるように見えてしまうところを
彼女自身も悩んでいた。現に俺も遊んでいそうなところに惹かれ、付き
合った当初はセックスの下手さにガッカリした。今ではそのギャップが
たまらないのだが。そんなある日、まなみが携帯を手にして
まなみ「なんか店の後輩ですごい男に飢えてる子いてね、その子の為
     に合コン開かなきゃいけなくなっちゃったんだよね。。。笑」

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | エロい告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取られ】彼女とのSEXをお姉さんに見られ、生ハメ中出しする間柄に【裏切り】

彼女とSEXしてた時、急に彼女のお姉さんが入ってきた。

その時がお姉さんとの初対面だったもんだから、
俺としてはもう気恥ずしいのなんの。

けどお姉さんは優しく「妹の事を宜しくね」と声をかけてくれた。

彼女のお姉さんは、おっぱいがかなり大きくて美人。

ちょっとぽっちゃりかもしれないんだけど、
決してデブという感じでもなくて、
古代ローマ時代の彫刻にありそうな、女性的なフォルムしてる。

そんなお姉さん、初対面以降何故か来る度に胸元が開いた服を着てる。

凄くボリューム感があって、どうしても視線が行っちゃうんだよな・・・

そしたらお姉さんがついに「おっぱい見てたでしょ?」って声かけてきてさ。

俺はもう事実だし、しどろもどろになりながら言い訳してたんだけど、
お姉さんは何故か俺のチンポを握り締めて「私にも頂戴」と、
言い出してきた・・・

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||

2016年3月28日 | エロい告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談 姉との体験談 寝取られ体験談 痴女の体験談

【人妻】清楚っぽい服装だが、身体がエロい人妻【不倫】

・・で出会った人妻とメールをやり取り。
写メ交換済みで、人妻は年齢より若く見える。

ELT持田さんをぽっちゃりさせた感じで、妙にエロい。
年上希望の俺としては理想的な相手で、
エロ話も盛り上がり、かなり楽しい。

1週間メールのやり取りをしてからデートに誘うと、
「ホテルに誘ってくれるなら…」 と、願ってもない展開に。

待合わせ場所に来た持田さんは、写メより可愛いかった。
清楚っぽい服装だが、身体がエロい…。
ムラッ!としてしまう俺…。

挨拶を済ませるなり、

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2016年3月10日 | エロい告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】親友妹のK2と【セフレ】

38親友妹のK2と…削除依頼
投稿者:しげ ◆AU/OjWxByc 2009/10/21 14:51:38(TOFbZeou)
投稿削除

私は九州の一番田舎○賀県、K島市というところに住んでいる26歳なんですが、先日、中学の時からの大親友(A)の八歳下の妹めぐみちゃんK2と関係を持ってしまいました…
Aの家は、A、母、妹の三人家族で、母はスナック勤務で夜は間違いなく帰ってこないんです。
昔はAが家にいない時も、自宅に遊びに行けるぐらい馴染んでましたが、大学~福岡勤務で、久しく足を運んでなく、転勤になったついでに挨拶も兼ねて久しぶりに家に遊びに行きました。
久しぶりに母や、大きくなった妹メグミちゃんと再会しました。
昔は小学生だったメグミちゃんも、今はりっぱな女子○生で、少しムラッとした気持ちのまま、その日は家を後にしました…
後日、Aが付き合ってる彼女と北海道旅行に行って不在なことを知ってながらも、わざと母もいない夜を狙って遊びに行きました。
『おっ、メグミちゃん。Aいるかな?』っと、わざとらしく尋ねると体操服姿のメグミちゃんが、
『兄ちゃんは、旅行で何日か帰ってこないです…』と小声で、答えました。
メグミちゃんは、はっきり言って、可愛くない…かと言って…スタイルもぽっちゃりチビで良くない…。。肌もテニス部なので真っ黒…まあ、クラスでもよく居る地味組に属する娘だろうと思う。
しかし、そこはスケベな大人にとっては問題なし…若いというだけで性の対象なのだ!
『じゃあ、ちょっとトイレだけでも借りて行こうかな』と返事すると、『どうぞ』と一言だけ言って、いつも通り茶の間にてテレビを見てた。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2015年12月5日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】5年ぶり【セフレ】

私55歳.10年前に家内を病気でなくし,ずっと気ままに一人暮らし.4,5年前ぐらいまでは,下半身の始末にいろいろと経験しましたが,ここ数年は年とともに収まってきて,ここ5年ほどはなにもありませんでした.
年末某観光地に行きました.列車の通路をはさんだ隣の席には50前ぐらいの,そこそこ雰囲気の良い女性.まあその時にはなんと言うことはありませんでした.そして目的地に着き,しばらく観光地を回って「さて次は・・・」と観光協会のオフィスに行くと,さきほどの女性がいました.まあ一応黙礼をして,観光マップとパンフレットをもらって外へ.2つスポットを回って3つめに行くと,またまたその女性.さすがにお互いやや苦笑.こちらから声をかけるのがはばかられたのですが,相手から「列車の時からご一緒でしたね」と言われました.(私)「はい.まあ旅行者としては,行くところは同じなのでしょうね」と返事.(女)「そうですね」(私)「これからは?」(女)「もうそろそろホテルへと思っています」(私)「私もです.そろそろ寒くなってきました」
っというわけで,何となくそろってホテルが建ち並んでいる地域へ向かいました.「ではこのあたりで・・」と別れようとしたら,「私もこちらですの」と私の予約したホテルを指さします.「偶然ですねぇ」ということで,2人そろってチェックイン.(私)「別々の予約ですよ,連れではありません」
まあ私としてはここまできたのだから,下心が生まれないはずはない.ダメモトと考えて「よろしければ夕食をご一緒にいかがですか?」と誘ってみました.そうするとニコっと笑って「ありがとうございます.ご迷惑でなければよろしくお願いします.」という返事.内心「うまく行き過ぎ?」という気もしましたが,今更引けません.「それでは7時にここ(ロビー)で」ということになりました.
部屋に戻って早々にシャワーを浴びて着替え.「最後」までうまく行くことを期待して下着を替えようと思ったのですが,どうもいかにもダサい白のブリーフではと思い,急遽地元のデパートへ直行.そこで男性下着売り場を回って,グレーのビキニの下着を購入.そのデパートは同じフロアに女性のランジェリー売り場もありましたが,ちらっとくだんの女性を見たような気がしました.見間違いかもしれませんが・・・そしてホテルの自室に戻り,1時間ほど時間があったのですが,妄想が膨らんで股間も膨らんで(笑)とうとう自分で股間を慰めてしまいました.若い人と違って,一度発射すると再度のチャージまで時間がかかるのですが,まあしかたがないっと.....
7時にロビーに降りました.ちょっと遅れて彼女も降りてきました.(私)「まだ名前を言っていませんでしたね」(女)「そうですわね.でもいいじゃないですか.名無しのゴン兵では困りますけど・・」と言うから(私)「じゃあ太郎と花子でいいですね」ということで,それ以降は太郎と花子になりました.「何を食べましょうねぇ」「おまかせしますよ」ということで,鍋料理のお店で夕食をとりました.端から見たら年相応の熟年カップルでしょう.お店でも全く違和感無しに女性は「奥様」と呼ばれて返事をしていました.お酒も回りお互い世間話の種も尽きて,そろそろホテルに戻ろうということになって店の外に出ました.(女)「奥様って呼ばれちゃいましたね」(私)「そうですね.外見からはどう見ても夫婦でしょう」(女)「じゃあもうしばらく奥様のままでいいかしら?」ここまで来たらもうゴールは見えてきました!(私)「ええいいですよ.ホテルまでですか?」(女)「うふ^^」っていうことでゴールテープ直前^^.さすがにチェックインするときに「連れじゃないです」と言った手前,フロントの前では礼儀正しく「それではお休みなさい」と言いながら同じエレベータに.そしてそのまま彼女のフロアで降りて,空のエレベータだけが私のフロアへ.
いまさらここまで来て「いいですか?」というだめ押しはいらないだろうということで,そのまま部屋に入りました.コートを脱がしてお尻にタッチすると,ニコっとして私の股間にタッチ.ようやくゴールテープを切りました!そのタッチで股間が目覚め,彼女をベッドに寝かせ,上から重なりました.
スカートの中に手を入れて彼女の秘所に掌を重ねると熱いです.久しぶりに感じる熱さです.彼女が私のズボンのファスナーを下げました.先ほどデパートで急遽購入したビキニの下着の前を,彼女の手がなで回します.キスをしたまま,片手でズボンを脱ぎ彼女のスカートのホックを外し,脱がせました.年の割に派手な下着でした.やはり彼女もデパートで買ったのかも,,と一瞬思いました^^15分ぐらいお互いの股間をまさぐりあい,キスをした後,いったん体を離しお互い下着だけの姿に.私は年の割には体が引き締まっていると思いますが,彼女は年相応にぽっちゃり体型.まあおっぱいも少し(かなり?)垂れ下がっていますが,5年ぶりに見る本物です^^
おっぱいを口に含み乳首を舌でころがし,股間をまさぐる.彼女は私のペニスをビキニの上からなで回しとうとう引っ張り出してしまいました.ビキニが少し小さい目でしたので,窮屈な思いをしていたのですが,ようやく解放されて,起立しました.ベッドの端に降りて立つと,彼女がペニスを口に含み玉袋をなでまわしました.あまり上手いフェラではなかったですが,なんと言っても5年ぶり^^
そして彼女の下着を脱がして上下の69の形に.彼女は陰毛が薄くほとんどウブ毛レベル.性器がくっきりと見えました.この間ずっと部屋の照明はつけっぱなしです.しっかりとクンニし彼女の口からペニスを抜いて,両脚の間に入り,ペニスに手を添えて突入です.いやあ ホント久しぶりです.最初はゆっくりと動いていましたが,彼女を尻を少し持ち上げて深く挿入.完全に入りました.しばらくこの状態でピストンをし,一端動きを止めて,彼女の両足首をつかんで大きく脚を広げました.少し声が漏れましたが,また挿入.もうじっとりでしたから今度は難なく最深部まで.年相応ということでしょうか,けっこう緩めでしたが,それがかえって幸いしたのか,10分ぐらいピストンをしても射精しませんでした.
次に彼女の片脚を抱えて横向きにして挿入しました.私の好きなスタイルです.こうすると深く入ります.ここまでお互い全く無言でした.っと言うか,最後までほとんど無言.時々私の「ウッ」とか彼女の「アッ」とか言う声以外は,ほとんどなにも言葉は発しませんでした.片脚を抱えてピストンしていると彼女が深いため息のようなものをつきましたが多分逝ったのでしょう.こちらはまだ大丈夫でした.ここまでで部屋に入って30分ぐらいでしょうか.
ここでいったん抜いて正上位にもどしキス.そして横を向かせて,彼女の後ろに回り首や耳,うなじにキス.彼女をベッド座らせて,私は後ろに座り後ろからおっぱいを揉みます.むろんもう一方の手は股間です.指を入れクリをなでました.そしてわたしがあぐらを組み,その上に彼女を座らせました.大きく脚を広げさせて座らせました.腰を持ちすこし上下させましたが,あまり上手くピストンできませんでしたね.
ここまででかなり私も達してきて,もう次の動きで射精しそうだと思いまして再度正上位に戻そうとしましたが,彼女が(偶然?)前に手をついてしまったので,そのままバックでの挿入ということになりました.私は背が高い(180cm)のでバックは苦手なのですが,こうなったらもうそんなことは言っていられないので,そのままピストンをしました.相変わらず彼女は無言ですが,体が熱くなり股間も熱くなっています.2度ほど深いため息をついていましたので,これまでに3度逝ったようです.
ピストンをしていて,さすがに限界が来ました.久しぶりと言うことであまり制御がきかず,突然の射精となってしまいましたが,私のうめき声で察したのか,彼女も自分で動いてきました.そして射精・・・久しぶりに中に・・・最初の挿入から約1時間ほどでしょうか.彼女との待ち合わせ前に一度抜いておいたのが役だったようで,予想以上に長持ちしてくれました.しかしやはり制御は上手く行かず,外に出すつもりでしたが中で発射してしまいました.
射精後,後ろから彼女に重なりしばらくそのままにしていました.そして横に降りて彼女の横に寝ころんで,後ろから彼女の首や耳などを撫でました.そして突然「ありがとうございました」と言われて「いえ こちらこそ」と間抜けな返事をしてしまいました.

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2015年11月24日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【出会い系】中出し肉便器 【SNS】

会うまでの流れはとにかく早く一時間しないで会い気がついたらドライブしてました。
かなりぽっちゃりとは本人も言ってたのでドライブして世間話で終了。になるはずでした。

たまたま音楽の話になりそこから会話は盛り上がりたまたまホテルの近くを通ったところ
『はいっちゃう?』の流れに。ただ相手はかなりのぽっちゃりさん。
抱きたいのは山々だが立つかが不安。笑

しかしそんな心配を他所にホテルに着いたが問題発生!
まさかの満室。平日なのに。笑
仕方なくいきなり彼女の家に行くことに。

聞けばセフレは前にいたが今はいない。避妊はあまりしなかった様子。
なんでも体型が太めのせいで生理がこなく妊娠しにくいのだとか。
ならば、中出しでいいんじゃん!とまた妙に盛り上がりそのまま室内へ。
そうそうに服をお互いに脱ぎ彼女のアソコに手を差し伸べるとなにもしてないのに既にびしょ濡れに。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||

2015年9月27日 | エロい告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系】大島優子似の巨乳とトイレで 【SNS】

自分 東京♂30前半185/65若手歌舞伎役者風 シンケンレッド似

相手 東京♀20Fカップ大島優子似

事前の情報では「ホントですか?!」という高スペック。
セックスはスポーツだという彼女の考えに共感し、
お互いにしてみたいことで盛り上がり面接に移行。

本人はドMだと申告しているが…
 
新宿紀伊国屋前で彼女を待っていると着信アリ。
電話にて誘導し待ち合わせたところ、少しぽっちゃり目の優子が来る。

事前情報通り、服の上からでも分かる巨乳。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||

2015年9月26日 | エロい告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談
1 / 5512345...102030...最後 »

このページの先頭へ