最新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【見られて】町内の相撲大会で【興奮】

小学生のころ私は父の転勤でいろいろ転校が多かった
私もそれで友達とかはあまり作らないようにしていた
私が6年の時のある日のこと
私のうちに手紙と荷物が来たそこにはこう書いてあった
町内相撲大会が開催されると私は興味がなかったので
いいやと思った
するとそこにはふんどしも一緒に入ってた
しかし私はそれをそのままにしその翌日母は近所の人から驚くべきことを聞いてきた
小学生は出るのが決まりで中学生からは自由というものだった
私はすぐに負ければいいかという軽い気持ちで仕方なく参加を決めた
当日体格のいい男子とかいてよく見ると女子はふんどしだけでスパッツもTシャツもなかった
私は係りの人に呼び止められこの町では男女ふんどしだけということで私は母とトイレに行き着替えなおした
私は胸も大きくなり始めていたのですごく恥ずかしかったです
そして受付を終わらし待ってる間もこの状態でした
更にここでは男女混合で戦うらしく私は男の子と戦う羽目になりました

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||

2017年12月30日 | エロい告白体験談カテゴリー:露出の体験談

【初めての】ふんどしいわい【チュウ】

               
               
村々では十三歳に褌祝い。初めての白布または茜の褌をする。このとき小母とか、年上の娘から性交を教えてもらう。十五歳で若衆入りし、そこですべての男は年上の女や娘から性交を教られる。いまの若い男どもは、夜這いですらうそなどと教えられ、結婚まで童貞が理想などと教えられて、かわいそうだとおもう。村々では十三か、十五になると公式に性交教育を受け、あとは夜這いで鍛錬した。ただ十三、十五というのは公式の儀礼で、その人たちによってちがう。十にもなると女や娘たちが性交を教えるのもある。私は十から教えられ、十一で射精、十二、十三ぐらいになって風呂や泳ぎでほかの同年の仲間と比較、太くて大きいものを見てびっくりした。夜這いのさかんな時代では男も女も初交が早い者もおおい。共同風呂をやっている家に、子供でも、風呂から出てくると次に入いる小母はんが待っていて、お前もうちんぽ大けなったやないか、見せてみい、とつかまえられて、つかんでしごいてくれた。ちんぽむかれて、痛い、痛いと泣くと、ようむかんと嫁はんもらわれへんぜえ、とまたむいて、しごかれた。   
               
               
      

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||

2017年12月22日 | エロい告白体験談カテゴリー:初体験談

【出会い系】おっぱいを攻められた時点で濡れまくり【SNS】

奈良、♀、33歳、身長166cm、体重52kg、横顔は素敵らしい森三中黒沢似

相手 奈良、♂、25歳、平野綾似、180cm/65kg

現定期さん(not梶原似)と突然連絡が取れなくなり、
知り合ったサイトで私と分かるように募集をかける。

とりあえず定期さんはすぐ連絡くれたので何より(スマホ水没だった)

ついでに家が近かった子を釣り上げてみた。
写メは平野綾みたいな少し斜視が入ったかわいい感じ。

LINEに移行してヤリモクで話を進め、スムーズに面接決定。

多分知り合ってから4日後くらい?

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2015年9月11日 | エロい告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【友達】めぐみ【セフレ】

1987年2月号
 はじめまして、高校一年のエッチな女の子です。今回思い切ってオナニーレポートします。あたしのオナニーは、お医者さんごっこで素裸になって、男の子にワレメを触られたのが始まり。なぞられてるうちに、気持ちよくなって、こっそり自分でするようになったのが小学三年の頃。その頃からエッチな好奇心一杯のあたしは、ノーパンキッサができると、こっそりノーパンで学校へ行ったりして、授業中にオナニーしちゃったこともある。はっきりいって、見られるのがカ・イ・カ・ン。
 そこで考えたのが、オナニーを鏡に映す方法。ヌレヌレのオマ○コがいやらしく口を開けて、指を根本まで飲み込んでくのを見ていると体がジ~ンとしびれちゃいます。鏡の中のオマ○コをつい過激にいじめてはエクスタシー。中学一年の時、お父さんが単身赴任で九州へ行ったので、お母さんも月に一度、週末九州へ行くので、家にはあたし一人になります。土曜、学校へ帰ってから、あたしは素裸になって思い切りエッチな言葉をいいながらオナニーをするんです。
 台所や、居間などで昼間から素裸でオナニーすると、すごくコーフンしてアッというまにイッちゃいます。月に一度の週末がほんとに待ち遠しい。10月か、11月ぐらいだと思うんだけど、お母さんのいない日、オナニーのやりすぎで、疲れちゃって、早く寝たんだよね。フト、目さますと夜中の2時、素裸で庭に出ちゃおうなんて思いついて、その思いつきに異常にコーフンして、とうとう外に出ちゃったの。
 うちの庭って、道から丸見えだし、外灯が道に立ってるから、まず見つかっちゃう。でも、オマ○コはヌルヌルだし、家の中でオナニーもマンネリ気味だし、夜中だから人はこないし、一度ぐらいやってみたら…、なんて自分に言いきかせて、勝手口から出たの。心臓はドキドキして、自分の足音にも体がビクンとなって、不安とスリルで死んじゃいそう。庭を2、3歩、歩いただけで、勝手口へ逃げ込んだけど、オマ○コからアフれたジュースが足首まで流れ落ちてる。勝手口の戸を開けたまま、オナニーをはじめてしまい、絶頂感の中で、今日をのがすと又、一ヶ月ガマンしなくちゃイケナイという思いで、オマ○コに指を根本まで入れたまま庭を歩き回ってしまったのです。
 それからというもの、アウトドアオナニー大好きっ娘になってしまい、中2
になったばかりの頃、夜中に素裸で家の前の道へ出て、オナニーすることまでしてたの。さて、いよいよ最近のオナニーについて書きます。放課後になるとトイレって、めったに人が来ません。一番ハシのボックスに入って、制服を脱いで素裸になります。こういう時、あたしは自分がひどい変態的なことをしているんだということを強く感じて、興奮してはますますエッチな欲望が高まってしまいます。トイレの中に人の気配がないと、ついボックスのドアを開けて、露出の快感を楽しんじゃいます。
 このトイレの中でのオナニーには、もう一つの利点があるのです。中3の時、友達の家でこっそり見たくり○むレモンの亜美ちゃんのように、クリトリスをくりくりしながら、オシッコ(キャー、とうとう書いちゃった)をすることができるからです。オシッコオナニー(ヴ~ン恥ずい)を初めてしたのは、そのビデオを見た日にお風呂の中でやったんだけど、ホント、腰が抜けちゃいそうでした。特に、隣のボックスに他の子が入ってきた時など、上や下のすきまから見られていることを想像しては、声をかみ殺して何度もイっちゃう。このトイレオナニーは、公園や、街角の公衆トイレでもできるから、家にお母さんがいる時など、つい近くの児童公園へ出かけてオナニーしています。日がくれてからは、遊んでる子供もいなくなってドキドキしながらうっすらボックスのドアを開けたまま、着ているものを脱いでしまうと、もうヌルヌルのビンビン(何が?)オナニーとは関係ないんだけど(あるかな?)恥ずかしい姿を見られたいって思う時があって、夏ならスコートの中に何も穿かないで、冬ならコートしか身につけないで、外出してしまいます。
 最後に、夜のお散歩(?)について書きます。覚えたての頃は、お母さんがお父さんの世話をしに行く月に一度で我マンしていましたが、高校受験の勉強で、夕方寝て、夜中に起きる生活をしているうちに、お母さんが寝ている夜中にこっそりやるようになったのです(中3
秋ぐらいから)物音を立てないよう、素足で勉強部屋を抜け出してゆっくり、ゆっくりカギをはずして、戸を開けます。はじめの内は、万一に備えて、シャツにパンティーぐらいは身に付けていたのですが、自分の部屋では素裸でいるので面倒くさいし、なによりも、素裸で外を歩いちゃおうなんてエッチなことを考えて、コーフンしている時って、もうお母さんにバレてもいいなんて思ってしまうのです。
 庭の芝の上で四つんばいになっているうちに、すごくエッチなこと思いついたの(恥ずかし~、でも書いちゃおっ)オシッコしちゃえばどうかしら、それも、外の電柱に向かって犬みたいに。さすがに受験をひかえた14才の女の子がすることではありませんから、家の前の道でオナニーをして忘れようとしました。でも、そのエッチな思いつきは、忘れられず、一度、やらないと勉強ができないほど、イライラしてしまうほどでした。そして、いつものようにお母さんがいない週末(11月)とうとう実行したのです。素裸で庭に出て、周りの視線を想像するともうダメです。そっとクリトリスをつまんだだけで絶頂に達してしまったのです。
 ゾクゾクするほどコーフンして、門を出る前にオシッコをもらしてしまったの、すごい快感で下半身オシッコまみれ。門の前で素裸でオシッコもらしちゃうなんて、全然考えていなかっただけに恥ずかしくて死にそうなほど感じて2度目のエクスタシー。普段なら、オシッコまみれのままでいるなんて、キタナイって思っちゃうけど、ホント、全然そうは思わなかった。寒くて、おかげですぐオシッコしたくなって、そおっと門から出て、四つんばいのまま電柱に。そして、左足を犬みたいに上げて、念願のオシッコを…。もしもこの最中、人が通りかかったらなんて想像しては勢いよくしちゃったの、アアー、カ・イ・カ・ン。ただ、この後始末って、困るんだ。結局、シャワーか、お風呂に入んないとダメだから、お母さんのいない日にしかできない。ウーン、もっとやりたい。それでも、夜のお散歩ダ~イ好き☆
 お母さんや、お父さんが知ったらどう思うかな、フフフ。高校生になってから、
SMっぽいオナニーもしています。リエちゃんがうらやましい。パート2を見てから、バイブレーターが欲しい(キャー言っちゃった)。今、素裸で、これ書いてます。ただ今、11月16日 AM2時。これから、いつものように夜のお散歩にいって、この手紙出しちゃおう♪ウ~ン、ポストまで素裸で行くのは初めて、ドキ・ドキ。(表通りにあって、車もけっこう走ってる)
京都府左京区 めぐみ ♀

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2015年5月31日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】両親の妻物語【セフレ】

私の母が74歳で亡くなって四ヶ月が過ぎました。
私は現在51歳になりますが、私達親子は実年齢よりも若く見える母と
親の面倒をよく見る孝行息子として近所でも評判の仲良し親子でした。
しかし実を言うと私と母は、私が33歳、母が56歳の時から約18年間
夫婦同然に暮らしているいわゆる近親相姦の間柄なのでした。
さすがに母が病気になったここ3〜4年間は無理でしたが、
それまでは母と二人で淫らなセックスを毎週のように楽しんでおりました。
父は私が23歳の時(今から28年前)に癌で亡くなりましたが、
それよりずっと以前か母は浮気をしており そのことは当時小学生だった
私も薄々感じていたほどでしたし実際に私が19歳の時には、
母の浮気現場をこの目で目撃もしておりました。
でもその事は誰にも喋ってはいけない事だと思い私の胸の中に
しまっておりましたが、父も亡くなってその上 母とただならぬ
仲となったのを機会に母に問いただした所思いもよらない事に
母の浮気は、のサイトで言う所の妻物語だったのでした。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年5月15日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】優香【セフレ】

 私立〇〇高校、三年二組の教室。
 一日の最後の授業の終わりを告げるチャイムが鳴ると、優香は教科書を鞄にしまい、帰る仕度に取り掛かった。が、そのときふと鞄の中を覗くと、そこに一枚の見知らぬ写真が入っていることに気がついた。
(なんだろう…)
 不思議に思い写真を取り出した。そしてそこに写し出されているものを見た。
 優香は愕然とした。
(な、なによこれ!)
 それは自分の裸の写った写真だった。場所は自宅の風呂場——つまりシャワーを浴びる直前の全裸を撮ったものだった。かなり近くから、おそらく窓の隙間から撮ったものらしく、自分のDカップの胸や乳首、薄いアンダーヘヤーにいたるまで、細かいところまではっきりと見て取れる。
(なに、どういうこと…)
 当然のことだが優香には訳がわからなかった。どうして自分の裸が、写真に撮られて、しかもその写真が自分のカバンに入っているのか? 優香は顔を上げると、それからさっと無意識に教室中を見回した。周囲のクラスメートたちはいつものように帰り仕度をしながら授業の終わった後の解放感から友人同士ざわざわ陽気に話し合っている。優香はその中に自分を見つめている視線はないかと探したが、誰も彼女の様子を窺っている者はなさそうだった。
「優香、どうしたの?」
「え?」
 優香は突然話し掛けられてびっくりした。声を掛けたのは香織だった。優香の部活の仲間で、また彼女の一番の親友でもあった。
「さっきからなにぼーっとしてんのよ?」
「え…いや、ううん、べつに」
 そしてすかさず写真をカバンの中に隠した。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月19日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】童貞喰い【セフレ】

2ヶ月前、彼と喧嘩してムシャクシャしてたんで、クルマ飛ばして近くの海までドライブ行ってボケ〜ッと海を見ていた。
 すっごくイイ天気だったけど、ちょっと入り組んだとこなんで全く人がいなかったから、思い切ってクルマの中で水着に着替えて砂浜に出てみた。
 全く人がいないと思ってたら、たった一人白いふんどしを締めた少年が沖の方から泳いできて砂浜に立っていた。真っ黒に焼けた体に白いふんどしが眩しいくらい似合ってて驚いちゃった。すらっとした長身にジ○ニーズ系の可愛らしい顔立ち、思わず近寄って声かけた。
「ふんどしなんて珍しいね。でもすごく似合っててカッコイイよ」
「前の学校で締めてたから・・。でも今の学校は競泳パンツなんで一人で海にきたときだけふんどしで泳いでる。ふんどしの方が泳ぎやすいし・・」
 その子の名前がしょう君で、高校1年生、サッカー部ってことまで分かった。
 話しながらしょう君のふんどしに目をやると、前がはちきれそうになってる。白い生地が水に濡れて少し透けてるんで、オチンチンの形がクッキリ浮き出てた。
 亀頭は完全に剥けてて、長さや太さは今まで見たこともないくらいの巨根。その瞬間、このオチンチン欲しいって思っちゃった!
「しょう君。オチンチン勃ってるの? どうしてかな?」って意地悪く聞くと「勃ってませんよ〜」って真っ赤になって言うんで、「じゃぁ、触っちゃうよ」ってふんどしに手をあてたら、本当に勃ってなかった。
 半勃ちっていうのかしら、少しかたくなってるくらいだった。勃ってないのにこの大きさってことは、勃起したらどんなになるんだろう?
 ふんどしの上から優しく揉んでると、すぐかたくなってもの凄い大きさになった。
 オヘソのちょっと下まできてるふんどしから、もう先っぽが飛び出しそう!
「恥ずかしい。止めてください」真っ赤になったしょう君が逃げそうになったので、「私のクルマにきて」って言って無理やりクルマに連れ込んじゃった。
 まだふんどしだけのしょう君と水着の私、裸同然の二人でモーテルに入った。
 可愛い顔にスリムな体、それに驚くほどの巨根、もう何人もの女の人と体験してると思ったら、まだ童貞だって聞いてビックリ。中学生になった頃から、年上の女の人から誘われることは何度もあったけど、どうしても最後になると逃げてしまってたらしい。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||

2014年11月9日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】窓からお尻を【セフレ】

中学1年生の時のことです。
当時私の父は教師をしており,同じ木造の宿舎に住んでいました。
宿舎といっても,木造平屋の古いものでした。
同じような宿舎がいくつも立ち並んでいました。
中間テストが近づき,夜遅くまで自室で勉強していたのですが,勉強にも疲れ,何となくパジャマのズボンに手を入れてパンティの上からお腹のあたりをさわっていました。
(お風呂に入った後でしたのでパジャマ姿で勉強していました。)
その頃私は早熟だったのか,既にあそこには結構たくさんの黒々とした毛が生え揃っていました。
パンティの上からごわごわしたその毛のあたりを何となく触っていましたが,段々とエッチな気分になってきたのです。
私はその頃時々布団の中で,パンティの前後を絞り,ふんどしのようにしてアソコにくい込ませて楽しむことがあったのです。
そうするととってもエッチな気分になってきて気持ちよかったのです。
その頃はそれがオナニーだということも全く知りませんでした。
ただ,他人には決して言えない恥ずかしいことだという認識はありました。
机に向かいながらパンティをさすっている時,いつもは布団の中で行うその行為をここでやってみようという気になりました。
確か12時をまわっていて,両親も布団に入っていた時間だったと思います。
私は,パジャマを履いたままだとやりづらいので,パジャマのズボンを太ももの途中まで降ろしてパンティを前後から引っ張って細く細く絞り込み,割れ目の部分にくい込ませていきました。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||

2014年7月10日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】羽衣【セフレ】

305  思春期,裸へのエッチな誘惑羽衣 さん
初めまして。羽衣と申します。
性別は女です。
大学生です。
ここのHPはひょんなことで見つけてから毎日のように閲覧させていただいています。
いるのですねえ。
私だけかと思っていたのに。
唐突ですが、私もHです。
それも尋常ではないほどのHです。
今まで誰にも話したことはありません。
でも、ここの皆様であれば理解していただけると思い、思い切って告白していきたいと思います。
セラピーみたいなものなんでしょうかね。
さて、私はなんと中1のころからHだったのです。
中1の夏休みの初日、その日、母は単身赴任している父のところへでかけており、家に帰ってくると私一人でした。
エアコンをつけてベッドに横になっているうちにうとうとしてしまい、目が覚めると8時を過ぎていました。

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月5日 | エロい告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【近親相姦】娘にもえ【禁断の愛】

私には19歳の自慢の娘がいます。
かなり親ばかかもしれませんが、綺麗なほうだと思います。
娘が高3の時、自転車通学してたんだけど、転んで膝を骨折して
手術するときのことです。
主治医の話では、下半身麻酔ということを聞いていたんだけど
麻酔のききが悪く、急遽全身麻酔に切り替えたようです。
手術自体はそんな難しいものではなく、傷もそんなにのこらない
とのことでした。
手術当日、俺は急遽休みが取れたので娘に付き添うことにしたん
ですが、手術は30分~40分程度だったと思います。
娘も年頃ということもあって、保険も入っていたので入院は
個室をとってやりました。
娘が部屋にもどってきたときは、完全熟睡状態。
あたりまえですが。
部屋にもどってくるなり、看護婦さんがカテーテルとかいったの

このエロい告白体験談の続きを読む »

エロい告白体験談検索用タグ

|||||||||

2014年2月7日 | エロい告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談
1 / 3123

このページの先頭へ